Avatar

Shotaro Matsuda

https://pj.asunote.jp プロジェクト・アスノート代表、 かりんこラボ(プロデューサー)、 【サイボウズ公認 kintone エバンジェリスト】  【kintone認定 アプリデザインスペシャリスト(2017年)】 【kintone認定 カスタマイズスペシャリスト(2020年1月)】 YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/pjasunote/ カスタマイズ勉強中です

  • 合計アクティビティ 772
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー中 3ユーザー
  • フォロワー 5ユーザー
  • 投票 60
  • サブスクリプション 282

アクティビティの概要

Shotaro Matsudaさんの最近のアクティビティ
  • Avatar

    Shotaro Matsudaさんがコメントを作成しました:

    okabeさん、こんにちは。プロジェクト・アスノートの松田です。 複数選択であれば、IF関数とCONTAINS関数の組み合わせでカウントできます。 以下サンプルです。 各関数については、kintoneヘルプを参照ください。

  • Avatar

    Shotaro Matsudaさんがコメントを作成しました:

    わたりさん、こんにちは。プロジェクト・アスノートの松田です。 ポータルカスタマイズでやっていることは、こちらのドキュメントにあるように、 https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/360028785552 ポータル上側の空白部分に、自作のなにかを埋め込む、ということです。 すなわち、現状ではお知らせ部分だけをカスタマイズする方法はありません。 やる...

  • Avatar

    Shotaro Matsudaさんがコメントを作成しました:

    ヤガミさん、こんにちは。プロジェクト・アスノートの松田です。 CSVファイルを、テキストエディターで開いてデータ内容を確認されたらいいと思います。

  • Avatar

    Shotaro Matsudaさんがコメントを作成しました:

    mikanさん、こんにちは。プロジェクト・アスノートの松田です。 ①の中で変数を定義すると、スコープ外なので②で参照できないです。 ということは、params1, params2と同様、スコープ外で定義してあげれば、②でも参照できるのではないでしょうか? もしくは、resp2に渡される内容(returnされるもの)を、①の処理結果を含ませる(オブジェクトにするなど)ことで ②の処理に受け継ぐ...

  • Avatar

    Shotaro Matsudaさんがコメントを作成しました:

    永井さん、こんにちは。プロジェクト・アスノートの松田です。 手書き領収書であれば、改ざん防止で漢数字(大字)を使うという慣習もあると思いますが、 kintoneで電子化するという段階で、すでにプリントアウトしたものを用いるということなので、 普通の数字でも問題ないのではないでしょうか? まずは、絶対に漢数字でないと本当に駄目なのか?を検討されてみてはと思います。   とはいえ、絶対に必要とな...

  • Avatar

    Shotaro Matsudaさんがコメントを作成しました:

    lionさん、こんにちは。プロジェクト・アスノートの松田です。 一覧画面表示イベントのドキュメントを確認してみてください。 eventオブジェクトの書き換えによる、フィールド値の変更は対応していません。 このドキュメントの書き方にはちょっと癖があって、できることは書いてありますが、 書いていないことはできないということを読み解く必要があります。 一覧画面からのレコードの更新については、RES...

  • Avatar

    Shotaro Matsudaさんがコメントを作成しました:

    白井さん、こんにちは。プロジェクト・アスノートの松田です。 レコードオブジェクトの内容を確認したらわかりますが、 自動計算の結果が空白の場合、そのレコードのvalueは"#N/A!"となっています。 なので、そのままだと現状のようになってしまいます。 回避するためには、値が"#N/A!"のときは空白にする、という処理を入れればいいと思います。

  • Avatar

    Shotaro Matsudaさんがコメントを作成しました:

    日本語で考えてみるといいですよ。 使える関数はヘルプに書いてある通りです。それを組み合わせてどう考えるか。 今書かれているIF関数は、作業内容が休憩だったらゼロにする、ということです。 今回の日付またぎの件は、すべての時刻計算に対して行わないといけないものですから、 現在の計算式で「終了時刻-開始時刻」となっているところに、IF分を重ねればいいことになりますね。 IF関数のネスト(入れ子)に...

  • Avatar

    Shotaro Matsudaさんがコメントを作成しました:

    テーブルのフィールドのchangeイベントで行操作を取れます。 ドキュメントをきちんと確認しましょう。書いてありますよ。

  • Avatar

    Shotaro Matsudaさんがコメントを作成しました:

    yamanaさん、こんにちは。プロジェクト・アスノートの松田です。 時刻フィールドのことですね? 日付またぎを表すフィールド(チェックボックス等)を用意して、 IF関数を用いて日付またぎがチェックされている場合は、24時間分加算する、という方法で 計算できると思います。 サンプル