Avatar

rex0220

  • 合計アクティビティ 1593
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー中 0ユーザー
  • フォロワー 23ユーザー
  • 投票 58
  • サブスクリプション 570

アクティビティの概要

rex0220さんの最近のアクティビティ
  • Avatar

    rex0220さんがコメントを作成しました:

    レコード追加・レコード編集イベントでは、添付ファイル項目の書き換えができません。 フィールドの値を書き換える 書き換えできないフィールド・添付ファイル 添付ファイル項目の変更は、保存成功後イベントで REST API により行うしかないと思います。 ただしAPIでテーブル行を追加するとテーブル行位置と対応するルックアップやファイル項目がズレたりしますのでなかなか厄介です。いまのところ、テーブ...

  • Avatar

    rex0220さんがコメントを作成しました:

    単純なレコード取得であれば、10万件程度の読み込みも問題なく実行できます。 たぶん、printJS で大量のメモリを使用しているのではないでしょうか? ブラウザーで使用しているメモリは、表示しているページ・タブ数・JavaScript などにより、大きく変動します。 「エラー コード: Out of Memory」が出たり出なかったりということから、メモリ使用量が制限のぎりぎりのところで動作...

  • Avatar

    rex0220さんがコメントを作成しました:

    >データとして正しくないようなのですが、よく分からない為、ご教示頂きたいと思います。 どのようなデータでエラーになっているか、まず変数の中身を見てみましょう。kintone JavaScript カスタマイズデバッグまとめ >また、レコードを取得した後のデータをコンソールログで見ると、全項目を取得していました。 「kintone.api(kintone.api.url('/k/v1/app/...

  • Avatar

    rex0220さんがコメントを作成しました:

    CSS に border-style を指定してみてください。 border-style: solid;

  • Avatar

    rex0220さんがコメントを作成しました:

    まず、イベント処理の終了方法に問題があります。 ※レコード追加画面の保存成功後イベントkintone.Promiseオブジェクトをreturnすると、非同期処理の完了を待って次の処理を開始します。 REST API を呼んだ後に、return event; しましょう。    return kintone.api(kintone.api.url("/k/v1/record.json", tr...

  • Avatar

    rex0220さんがコメントを作成しました:

    面白そうな要望ですね。試してみました。項目のテキスト部分を表示時にクリックしています。なおDOM 操作になりますので、kintone の仕様変更で動作しなくなるリスクがあります。 jQuery.noConflict();(function($) {  'use strict';  kintone.events.on('app.report.show', function(event) {  ...

  • Avatar

    rex0220さんがコメントを作成しました:

    私は、「お願いだから return event; してくれ派」です。 return event; が無いと、忘れたころにトラブルになりがちです。将来の自分や引き継いだ担当者に罠や時限爆弾を仕掛けているようなものです。プラグインをバージョンアップした場合に、動かなくなってトラブルとまったく関係のないプラグインが疑われたりもします。 ご参考 kintone イベント処理の return 文につい...

  • Avatar

    rex0220さんがコメントを作成しました:

    >非同期処理に当てはまるのが、kintone.proxy の事なのでしょうか? はい。 適当なサンプルが無かったので、切り貼りで書いてみました。 kintone.Promise.all で、すべての kintone.proxy の完了を待ちます。 let parray = [];for (let i = 0; i < resp_record.length; i++) {    const r...

  • Avatar

    rex0220さんがコメントを作成しました:

    この辺が参考になると思います。 kintoneのフィールド値変更時イベントで計算フィールドとJavaScriptカスタマイズの計算を一緒にしちゃだめ!という話 計算項目の値が反映されるタイミングについては、 kintone 計算項目のしくみ 結局、JavaScript の値変更イベントと計算項目は、相性が悪いので、文字列フィールドBも自動計算をやめて JavaScript で設定したほうがい...

  • Avatar

    rex0220さんがコメントを作成しました:

    kintone.proxy が非同期処理なので、呼び出した順番には、応答が返ってきません。 「max_length == i」の時に、全部のメール送信が終わっていないケースでは抜けが発生すると思います。  kintone.Promise.all を使って、非同期処理がすべて完了するまで履歴更新を待ってください。