Avatar

小瀬

  • 合計アクティビティ 55
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー中 0ユーザー
  • フォロワー 0ユーザー
  • 投票 4
  • サブスクリプション 15

コメント

小瀬による最近のアクティビティ 最近のアクティビティで並べ替え 最近のアクティビティ 投票
  • cybozu developer network 事務局  担当殿;   なにはともあれ、このページの元記事の"レコード一覧のクエリ文字列を取得する"の記載について、「開発元に確認」が必要となるような 記載内容の不足までは認識していただけたようで、ありがとうございます。   しかしながら、 >ただし、クエリが長すぎるとエラーにはなってしまうため、気をつけて使っていただくようお願いしております...

  • 応答ありがとうございます。 >また、クエリについて明確に文字数やフィールド数に制限があるわけではありません。>ただし、クエリが長すぎるとエラーにはなってしまうため、気をつけて使っていただくようお願いしております。>加えて、過度に複雑なクエリだとリクエスト自体も重くなってしまいますので、ご注意ください。  ご指定の条件にそうクエリを発行するようなプラグインを実装したいと思います。 --- しか...

  • リンク切れは修正していただけたようで、ありがとうございます。 ですが、修正された「検索キーワードに関する注意」のリンク先(上限値は10個)と、本ページの内容(上限値は14個)に 矛盾が在ります。 リンク先における”検索キーワードの個数”とは「フィールドコード like 検索キーワード(https://jp.cybozu.help/k/ja/user/search/search_details...

  • 追伸。 境界条件を探ろうとして、orで連結した条件が38個のqueryconditionが2706文字未満の場合は、絞込結果が表示されて、条件の個数は変えないで、like条件に含まれるキーワードの文字数を増やしたら、下記のメッセージのみが含まれる白い画面に成りました。 「Bad Message 431reason: Request Header Fields Too Large」

  • この記事では「複数の条件の括弧がandやorでつなげられたクエリの場合、各括弧内の条件は最大で14個です。15個以上を指定したクエリの場合はエラーが発生します。」と、記載されていますが、例示された条件より 沢山の条件を指定しても、エラーにはなりませんでした。 実際、フィルタリング条件をQueryに指定数るとlist.jsonなるURLに遷移するようですが、そのHTTP statusコードは2...

  • 2018年頃には 問い合わせが多発していたように、Queryのlike演算子は、「一般的なSQL文のWhere句での文字列部分一致」とは異なって、後段の過去のコミニュニティQ&Aに示すように、随分複雑な仕様のようです。 しかも、過去の回答で掲載されていた公式情報のURLは、リンク切れになっていて、現時点で正しい仕様を読めなくなっています。 つきましては、下記に抜粋したLike演算子の説明箇所...

  • 応答ありがとうございます。 どうも、使用しているkintone-ui-componentやReactのバージョンに関する前提の提示が足りなかったようですね。 提示いただいた情報は、kintone-ui-componentのv1系に対するReactサポート要望と、サポータの回答で、 「今のところReactバージョンをサポートするための具体的な計画はありません。」 と、まあ、インリメンタ側の公式...

  • オヤ?!!  「私の問題の原因推定」に対する 御指摘ですね。   「2018年頃に作られた”Easy Search Plugin”は、多分 当初は正常動作していたデグレート(kintone.Promiseの破壊的仕様変更)」 というのが 私の誤認識で、 「”Easy Search Plugin”リリース当初から、subtable内のフィールドの検索が出来ていなかった潜在不良」 だったという原...

  • 応答 ありがとうございます。 >掲載のコードは「kintone-easy-search」のdesktop.js内の一部でしょうか。 はい。 主文に掲載したコードは、tonio0720版kintone-easy-searchのgithubに在ったソースコードの抜粋です。 それは、webPackとbabel-loaderで トランスパイルされる前のdesotop.jsのソースコードで、 例えば、...

  • 応答ありがとうございます。 提示いただいたURLのSupport Policyは既に見ていて、その主文のテクニカルサポータに「kintoneのUIの再現性(≒開発意図)にソグワナイ」バグ報告風な文面で問いあ合わせた結果が、前述の応答だった次第です。  何はともあれ、Support Policyの末に記載された GitHub Issue への投稿が活きていて、「糸電話の細い糸が繋がっている」と...