新規投稿
フォローする

プロセス管理について

当方Kintone初心者となり、質問内容が初歩的で申し訳ありませんが、教えていただけると幸いです。

【プロセス管理でやりたいこと】

・本部↔店舗A~店舗Z間での運用
 ①本部より、各店舗へ同じタスクを依頼する((シフト作成)など)
 ②各店舗ごとに、本部へ提出、差戻しなど進捗を一覧管理を行いたい

  →店舗A:承認

  →店舗B:差戻し

  →店舗C:確認中

 

【問題点】
・店舗A~店舗Zの全店の申請が完了するまでステイタス(本部確認中など)が変わらない
・店舗Aへ差戻しを行うと、ステイタスが店舗Aの処理内容となる

 

【確認事項】
・1つのアプリではなく、店舗ごとにアプリを作成する必要?

 

よろしくお願いいたします。

0

3件のコメント

Avatar
TO

質問の内容は「店舗ごとにアプリを作成する必要があるか」でしょうか?
上記の情報だけでは,ちょっと答えづらいかもしれません.
アプリにどのような情報をいれるのか,それは蓄積するのか,1レコード/1店舗で運用できる情報量なのか,などある程度のアプリ設計がなされていないと,判断が難しいと思います.
ちなみに,店舗ごとにしてもまとめてもどちらでもできるとは思いますが,店舗数が増減するのであれば,店舗ごとにアプリを作るのは管理が大変かもしれません.

【問題点】については,プロセス管理の設定の仕方である程度対応可能と思います.
全店の申請が~…については,レコード内のテーブルに店舗ごとの情報が入る仕様になっているのかもしれませんが,店舗ごとにプロセスを設定するなら1レコード1店舗のほうが良いかもしれません.
差戻しを行うと~…については,プロセス管理の「差戻し」時のアクションを設定することで改善できるかもしれません.
(「差戻し」時のアクションをその時のステータスの前のステータスになるように設定する)

2
Avatar
Tsuyoshi Yamamoto

ご返信をいただき、ありがとうございます。
説明足らずで申し訳ございません。引き続き、ご教授いただければ幸いです。

上記を確認しているなかで、店舗ごとにアプリを用意することは現実的でないと理解しました。
プロセス管理の設定をもう少し詳しく見てみるようにします。

「店舗ごとにプロセスを設定するなら1レコード1店舗のほうが良いかもしれません」
↑↑↑←この場合、本部からは1店舗ごとにタスク依頼をかけなければいけないのでしょうか?
   タスク依頼は全店同じ内容なので、一括で発信したいと考えています。

▶具体的なフロー
①本部→店舗:9月シフト作成依頼

②店舗→本部:承認依頼

③本部→店舗:承認or差し戻し(差し戻し→承認依頼→承認)

※本部→教室への依頼は同じ内容を一括で複数店舗へ発信をしたい
※教室→本部は個別のレコードで管理をしたい(承認作業は個店ごとにする)
 例えば50店舗あれば、レコード①9月シフト_店舗A レコード②9月シフト_店舗B ・・・レコード㊿9月シフト_店舗Z

▶アプリ内レコード項目
・依頼日
・締切日
・メモ
・ファイル添付

・発信者(依頼元)、発信先(依頼先)

・更新日時、更新者
※情報は1年間保管したい
※店舗数は増減する


0
Avatar
TO

プロセス管理は,主に申請者が何かしらを申請,それを上長が承認するようなフローの可視化,漏れ防止の観点で利用することが多いと思います.
それを踏まえて,あくまでも参考程度に解釈ください.
(私の独自の見解もあります)

なお,下記は
・プロセス管理の作業者(申請者)が各店舗の担当者
・承認者は本部
・1レコード/1店舗
を前提にしています.

▶具体的なフロー
①本部→店舗:9月シフト作成依頼
 →いくつか考えられるアプローチとしては,
 ・本部側が店舗分の新規レコードを生成,それにより作業者に当たっている各店舗の担当者に通知が届く
 ・時期になったときに各店舗担当者がそれぞれ新規にレコードを登録,承認者である本部に通知が届く
 (本文は別の何かしらの方法で申請状況を把握する)
 ・kintone以外の方法で本部から各店舗に通知,各店舗担当者がアプリから申請
 …などがあると思いました.もちろん他にもあるかもしれません.

②店舗→本部:承認依頼
 →これはプロセス管理で対応可能です.プロセス管理についてはCybozuからテキストが公開されているので,そちらを参照ください.
 プロセス管理の設定

③本部→店舗:承認or差し戻し(差し戻し→承認依頼→承認)
 →②と同様です.

アプリの設計も希望する条件(仕様)もイメージされているようですので,
リンク先をみながら,一度簡単なアプリを作って挙動など実感されるのが良いかと思います.
こういうものは「百聞は一見にしかず」の典型だと思っています.


0
サインインしてコメントを残してください。