新規投稿
フォローする

ルップアップ風のポップアップ・モーダル・ダイアログの自作方針 伺い

目下 2段のルックアップ風の処理を実装しようとしています。

1段目のルックアップで”組織名”を選ぶのにはkintounの標準機能を使いますが、2段目のルックアップ風処理では、「1段目で選んだ組織名に属する人名の一覧を、電話番号や担当内容など、個人を想起できる情報とともに、表示して、一人の人名を選択する」ということを実装しようとしています。

ところが、kintoun標準のルックアップ・ポップアップ・ダイアログには、ソート機能など、自作しようとすると結構面倒な機能が幾つも入っていたり、リンク・アンカーの表示用のCSS設定など、結構きめ細かい設定も入っていて、全く同じ見え方&操作性を実装するのは、大変そうです。

そこでまずは、このサイトの”ツールー>ライブラリ”も探してみたのですが、うまく探せていません。

つきましては、将来kintoun標準のルックアップ・ポップアップ・ダイアログのcssや使い方(イベント処理)などが仕様変更されても、容易に追従できそうな、ルップアップ風のポップアップ・モーダル・ダイアログを自作する場合、どのライブラリをベースに、何を参考にして作るのが、ベターでしょうか?

 

<補足>

例えば、(Angular+TypeScript)のような、テーブル風ダイアログの開発が容易な開発の素材を使えば、現行バージョンのkintoun標準ルックアップ・ダイアログを作るのは、当面の作業としては容易かもしれませんが、将来における操作性の統一性を維持するのが面倒になります。

また、「(なんとなく)dataTableを作った」という記事等で、そもそもkintoun標準ルックアップ・ダイアログとの操作性の共通化を想定していない実装例をベースにして自作するのも、将来のバグ対策で、自分の作りこみと他人の作りこみの修正をマージするのがデリケートになりそうで、避けたいを考えています。

0

1件のコメント

Avatar
小瀬

追加で思いついたアイデハとして、「ルックアップ風のモーダルダイアログを自作する」でのではなく、「2段目のルックアップ・フィールドの絞り込みの初期値に、1段目のルックアップ・フィールドの値を動的に再設定する」という方法を思いつきました。

その方針の場合、別の疑問が湧きましたので、下記質問の方に 回答をいただければ、幸いです。

https://developer.cybozu.io/hc/ja/community/posts/360056483032-ルックアップの絞り込みの初期設定を-レコード毎の別フィールドの値に変える方法の伺い

 

0
サインインしてコメントを残してください。