新規投稿
フォローする

pykintoneのセットアップ

今回はpykintoneのセットアップ方法を紹介します。

セットアップ

pykintoneのセットアップ方法はこちらに掲載されています。 ドキュメントにあるように、動作にはPython3が必要です。 Windowsではインストーラを利用するのが簡単です。 Python公式からインストーラをダウンロードしましょう。

インストーラ利用時、PATHを通すにチェックをつけると楽です。

インストールが済んだら、コマンドプロンプトを開きましょう。 同梱のpipにてpykintoneをインストールします。

$ pip install pykintone

以上でpykintoneのセットアップは終わりです。

利用法

試しにデータの取得をしてみましょう。 アプリへの接続方法はいくつかありますが、ここではYAMLファイルを利用する方法を紹介します。

作業用のフォルダを作って、そこにYAMLファイルを作成します。 アプリ情報に合わせて、下記の{}内を埋めます。

  • account.yml
domain: {サブドメイン名(必須)}
login:
  id: {ユーザ名(APIトークンとどちらか選択)}
  password: {ユーザパスワード(APIトークンとどちらか選択)}
basic:
  id: {ベーシック認証ID(ある場合)}
  password: {ベーシック認証パスワード(ある場合)}
apps:
  {アプリ名}:
    id: {アプリID}
    token: {APIトークン(loginとどちらか選択)}

同一フォルダにPythonファイルを作成します。

  • main.py
import pykintone

account = pykintone.load("account.yml")
app = account.app()  # app()の引数にアプリIDを指定。省略した場合はaccount.ymlのappsの一番上のアプリと接続。
records = app.select().records  # select()の引数でクエリを指定可。
print(records)

作成出来たら、コマンドプロンプトから実行します。

$ python main.py
[{'年齢': {'type': 'NUMBER', 'value': '28'}, ...]

他にも、pykintoneを使えばファイルアップロード等も簡単に実装できます。 どんな機能があるか知りたい方は、一度ソースコードに目を通すと良いかもしれませんね。

2

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。