新規投稿
フォローする

KINTONEの計算で四捨五入の結果を出したいのですが?

KINTONEの数値フィールドを使って計算しているのですが、四捨五入の結果を出したいのですがヘルプで見てもその方法の記載がありませんでした。KINTONEでは四捨五入は出来ないのでしょうか?

0

5件のコメント

Avatar
瀧ヶ平

渡中啓介さん
cstapの瀧ヶ平です

文字列_1行フィールドであればYEN関数を用いることで四捨五入できます。(ただし\マークがつきます)

それ以外の場合では数値フィールドとJavaScriptによる計算を利用して対応することになりそうです

0
Avatar
渡中啓介

瀧ケ原さん

ご教示いただきありがとうございます。

ネットで検索したところ下記のJavascriptが四捨五入のものなのですが、この場合KINTONEの計算フィールドを

指定しないといけないかと思うのですが、必要でしょうか?(小数点第3位まで四捨五入をしようと思っています)

(function (){
"use strict";

// 小数点n位までを残す関数 (四捨五入)
function floatFormat1( number, n ) {
var _pow = Math.pow(1000 , n ) ;

return Math.round( number * _pow ) / _pow ;
}

0
Avatar
瀧ヶ平

渡中さん

まずJavaScriptAPIでの計算フィールドの書き替えは不可能なので、計算結果を表示するフィールドは数値フィールドなどに置き換える必要があります。

また、そちらの関数は単に与えられた数値を小数第三位までの四捨五入を行うだけならば

var floatFormat = function(number) {
return Math.round(number * 1000) / 1000;
};

と書き替えて良いと思います。

こちらの関数を目的の値を引数にして実行した結果を、計算結果のフィールドに代入することで目的の実装が可能かと思います。

実装に関してはこちらを参考にすると良いかと思います。

1
Avatar
渡中啓介

瀧ヶ平さん

 

初歩的な質問申し訳ないのですが、計算結果を置き換える方法をご教示頂けないでしょうか?

置き換えた数値フィールドに先日教えて頂いた四捨五入のJavascriptを設定すれば良いのですよね?

0
Avatar
瀧ヶ平

渡中さん

数値フィールドにJavaScriptを設定する という意味がよく分からないのですが、今回の場合kintoneのJavaScriptカスタマイズ機能を使って実装することになります。

実装の前にこちらのTipsを一通りやっておくことをお勧めします。

実装の際には先ほどのJavaScriptの関数をあらかじめ定義しておき、レコード追加/編集画面のレコード登録前イベントのイベントハンドラー内で、当該のフィールドの値を取得・計算し、その値を計算用のフィールドの値に代入する必要があります。
(このあたりのことは上述の参考リンクのページに詳しく書いてあります。)

0
サインインしてコメントを残してください。