カテゴリー内の他の記事

ノーコードで実現!クラウド・オンプレミスのデータ連携

Index

概要

クラウドとオンプレミス間の連携をしたいけど、
難易度が高そうなイメージを持たれる方も実は多いのではないでしょうか?

そんな方々のために今回は、ノーコードで実現できる、
Webデータベースの kintone オンプレミスの Microsoft SQL Server を連携する方法をご紹介します!

連携の仕組み

今回の連携は、Microsoft Power Automateオンプレミス データ ゲートウェイ経由で、
kintone に登録したデータをオンプレミスの Microsoft SQL Server に登録する、という仕組になります。

architecture.png

クラウドとオンプレミス間の連携を手軽に試してみたい方、ぜひ下記から連携の設定方法とサンプルプログラムご確認ください。

設定方法とサンプルプログラムをみる

できること

  • クラウドとオンプレミス間のデータ自動連携
    • kintone アプリにレコードを登録すると、その内容が SQL Server 上のデータベースにも登録されます。
      それにより、既存システムと連携して二重管理や転記の手間を減らすといったことができます。

      database.png

他にも、kintone と連携することで次のようなメリットがあります。

  • 社内データにクラウドからすばやくアクセス
    • 社内データベースに同期した kintone 上のデータは、ブラウザや kintone のモバイルアプリからもアクセスできます。
    • データへのアクセスだけではなく、チャットのようなコミュニケーションも kintone 上で行えます。
      mobile.png

下記から、連携の設定方法と手軽に試せるサンプルプログラムをご確認いただけます。

設定方法とサンプルプログラムをみる

Webデータベースとしての kintone

今回の連携でデータベースとして利用したのは、kintone というサービスです。
複雑なシステム構築いらず、データベースワークフローコミュニケーションなどの機能を備えながら、
豊富なAPIも用意されているクラウドサービスになります。

kintone の機能についてもっと知りたい方は「開発プラットフォームとしてのkintone」をご覧ください。
1年間無料の「開発者ライセンス」もご用意しておりますので、ぜひご利用ください。

開発者ライセンスを申し込む

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

記事コメントは受け付けていません。