カテゴリー内の他の記事

カスタム項目(Schedule datastore)の値を取得する

カスタム項目(Schedule datastore)の値を取得する

現在開いてる予定のカスタム項目(Schedule datastore)の値をJSON形式で取得します。

関数

garoon.schedule.event.datastore.get(customizeName)

使用可能なガルーンバージョン

  • クラウド版 Garoon

引数

引数 必須 説明
customizeName 文字列 必須 取得するカスタム項目のカスタマイズ名を指定します。

返り値

  • Schedule datastore のデータを表すオブジェクトが返ります。

サンプルプログラム

利用できる画面

次の画面の通常予定、期間予定、繰り返し予定で利用できます。

  • 予定の登録画面または再利用画面
  • 予定の変更画面
  • 予定の詳細画面

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

サインインしてコメントを残してください。