カテゴリー内の他の記事

カンタン構築。Zoom API を使って、Zoomミーティングを kintone で管理しよう

最近の仕事やプライベートで「Zoom」を活用されている方はたくさんいらっしゃると思いますが、ミーティングが増えるにつれ、日程の管理が大変!と悩んでいる方も実は多いのではないでしょうか。

そんなとき、日程を管理したり、会議の前にリマインダーを設定できるkintone」と連携できたら便利かと思います。

この記事では「Zoom API」を利用した「Zoom」と「kintone」の連携カスタマイズをご紹介します。手軽に試せるサンプルプログラムもありますので、下記ボタンからご確認いただけます。

設定方法とサンプルプログラムをみる

できること

  • 会議日程の管理
    • kintone アプリからレコードを登録/削除することで、Zoomミーティングを作成/削除することができます。
    • 登録されたミーティングの日程を、カレンダー形式の一覧画面で管理できます。
      image_calender-view.png
      ※ カレンダー装飾のために別途 kintone プラグインを適用しています。
  • 会議の集計
    • 会議にかかった時間や参加者などのデータをグラフ化できます。
      image_graph.png
  • 会議の日程や日時のリマインド
    • kintone のリマインダー機能を利用することで、「会議の○○時間前」にリマインダーを設定することができます。
      image_reminder.png

連携の仕組み

今回の連携は「Zoom API」を利用します。
 kintone アプリから直接 Zoomミーティングの作成/削除などの操作ができる仕組みになります。

architecture.png

サンプルプログラムもありますので、Zoom API を使ったシステム連携を手軽に試してみたい方、ぜひ下記のボタンから解説記事を見て、実際に試してみてください。

設定方法とサンプルプログラムをみる

webデータベースとしてのkintone

今回の連携でデータベースとして利用したのは、kintoneというサービスです。
複雑なシステム構築いらず、データベースワークフローコミュニケーションなどの機能を備えながら、豊富なAPIも用意されているクラウドサービスになります。今回の例のように、データベースとしてデータの管理を実現しながら、Web会議システムとの連携も柔軟に対応できます。

kintoneの機能についてもっと知りたい方は「開発プラットフォームとしてのkintone」をご覧ください。1年間無料の「開発者ライセンス」もご用意しておりますので、ぜひご利用ください。

開発者ライセンスを申し込む

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

記事コメントは受け付けていません。