カテゴリー内の他の記事

Microsoft Power Automate の HTTP アクションで任意の kintone REST API を実行する

Index

 

はじめに

Microsoft Power Automate で利用できる kintone コネクタを使用すると、ノンコーディングで他サービスと kintone の連携が可能です。
しかし、ゲストスペースで利用できなかったり、対応する kintone REST API に限りがあったりと制約があります。
そこで今回は、kintone コネクタを使用せずに、Power Automate の汎用的な HTTP リクエストを送ることのできる機能(HTTP アクション)を
使って kintone REST API を実行する方法を紹介します。

概要

Microsoft Power Automate を使用して、Microsoft Forms と kintone を連携する方法について紹介します。
Microsoft Forms(以下、Forms)は、Microsoft が提供しているアンケート作成ツールです。
今回は、この Forms にて回答された内容を Microsoft Power Automate を経由して、kintone に回答結果を追加していきます。

outline-pic.png

準備

利用するサービス

kintone アプリの作成

Microsoft Forms にて集められた回答をまとめるための kintone アプリを作成します。
アプリははじめから作成し、以下の表と画像を参考にしてフィールドを配置してください。
作成したアプリ ID は Microsoft Power Automate の設定で利用するのでメモしましょう。
アプリ ID は URL から確認できます。
例えば、URL が「https://{subdomain}.cybozu.com/k/123/」の場合、「123」がアプリ ID になります。

フィールド名 フィールドタイプ フィールドコード
受講日 日付 date
お名前 文字列(1行) userName
感想 文字列(1行) note

 

create-kintoneApp.png

 

今回は Microsoft PowerAutomate から kintone REST API を実行するため、API トークンを生成します。
生成した API トークンはのちほど Microsoft Power Automate の設定 で使用します。

kintone-api-token.png

API トークンの権限設定はデフォルトで「レコード閲覧」のみにしかチェックが入っていません。
そのため、上記の画像のようにアクセス権の「レコード追加」にもチェックを追加し、保存しておきましょう。

API トークンの詳しい設定方法についてはAPI トークンを生成するを参考にしてください。

Microsoft Forms の設定

あらかじめ、Microsoft 365 にサインインした上で、Forms を作成してください。

フォームの作成

  1. Forms のトップページの上部にある「新しいフォーム」よりフォームを作成します。
    「無題のフォーム」が表示されるので、
    フォーム上にある「新規追加」のボタンをクリックして、質問を追加していきます。
    forms-3.png

     

  2. 今回はアンケート項目として、日付で「受講日」、テキストで「お名前」と「感想」を追加しました。
    Forms の設定は以上です。
    created-forms-detail.png

Power Automate の設定

あらかじめ、Microsoft 365 にサインインした上で、フローを作成してください。

フローの作成

  1. Power Automate のトップページの「作成」よりフローを作成します。
    今回は、「自動フロー」よりフローを作成します。
    create-autoFlow.png

     

  2. 自動フローの作成を行います。
    今回のフローのトリガーは、Microsoft Forms の「新しい応答が送信されるとき」を選択します。
    この時、フロー名も分かりやすい名前に設定しましょう。
    create-autoFlow-2.png

アクションの追加

フローの詳細を編集していきます。
ここでは、Microsoft Forms と HTTP リクエストのアクションの追加方法について説明します。

  1. Microsoft Forms のトリガーの設定
    トリガーとして設定した「新しい応答が送信されるとき」で取得するフォームの ID を設定します。
    事前に作成しておいた Microsoft Forms をドロップダウンから選択します。
    create-autoFlow-3.png

     

  2. Microsoft Forms のアクションの設定
    「+ 新しいステップ」よりアクションを追加します。
    add-action.png

     

    Microsoft Forms の「応答の詳細を取得する」を選択します。
    (アクションの候補に表示されない場合は「Forms」と検索すると出てきます。)
    add-forms-action.png

    以下の画像のように「フォーム ID」には先程と同じフォームを設定し、
    「応答 ID」には動的なコンテンツから選択できる「応答 ID」を設定します。
    create-autoFlow-5.png

  3. HTTP アクションの設定
    先ほどと同様に新しいステップを追加し、「HTTP アクション」を追加します。
    (アクションの候補に表示されない場合は「HTTP」と検索すると出てきます。)
    add-http-action.png

     

    HTTP アクションは、kintone REST API を実行するために以下の画像のように設定し、保存します。
    create-action-http.png

     

    設定のポイント
    今回は、Microsoft Forms で新しい回答があった際に、kintone のアプリにレコードを登録したいので、
    レコードの登録(1件)を参考に設定しました。
    また、ヘッダーには kintone アプリの作成 で生成した API トークンを設定します。

    さらに本文には、レコードの登録(1件)のリクエストボディをオブジェクト型で記述します。
    すべてコードで記述することもできますが、「動的なコンテンツ」を使用することにより、
    容易にリクエストボディを記述することができます。
    以下のリクエストボディのサンプルコードに従って、該当する動的なオブジェクトを入力してみましょう。
    kintone アプリの作成 でメモをしておいたアプリ ID もここで記述します。
    HTTP アクションの「本文」が以下の画像のように設定できれば、Power Automate の設定は完了です。
    req-body.png

動作確認

kintone アプリ、Microsoft Forms、Power Automate それぞれの設定が完了したので動作確認をしてみましょう。
Microsoft Forms より回答を作成してみます。

send-forms.png

回答を送信できたことを確認したあと、連携している kintone アプリを開いて回答内容が連携されているか確認しましょう。

send-forms-kintone.png

回答が連携されていることが確認できました!

おわりに

今回は、Microsoft Power Automate にある kintone コネクタは使用せずに HTTP アクションを使用して
kintone REST API を実行する方法をご紹介しました。
既存の kintone コネクタでは利用できなかった kintone REST API も試されてみてはいかがでしょうか。

この Tips は、2020 年 11 月版 kintone で確認したものです。

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

サインインしてコメントを残してください。