カテゴリー内の他の記事

プラグインに設定を保存する

プラグインに設定を保存する

キーと値を対にしたオブジェクト形式でプラグインに設定を保存します。

関数

garoon.plugin.setConfig(config, successCallback)

使用可能なガルーンバージョン

  • クラウド版 Garoon

引数

引数 必須 説明
config オブジェクト 必須

キーと値を対にしたオブジェクトの形式で、プラグインに保存する設定を指定します。

例:

{
"key1": "value1",
"key2": "value2"
}
successCallback 関数   設定の保存が完了した後に実行する関数を指定します。
引数はありません。
未指定、undefined または null を指定した場合、設定の保存が完了すると「プラグインの詳細」画面に遷移します。

返り値

なし

実行できる画面

  • 各プラグインの詳細設定画面

サンプルコード

制限事項

  • garoon.plugin.setConfig() で保存できる config のサイズは 256KB までです。

補足

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

サインインしてコメントを残してください。