カテゴリー内の他の記事

カンタン構築。データ可視化ツール「Redash」で業務データを分析しよう

データベースに蓄積した売上データなどを分析する際に、ファイルを出力しなければならない
また1度に大量のデータを出力するときに、分割出力が必要になることで悩んでいる方が多いかもしれません。

そんなとき、データを可視化できるツールとの連携ができたら便利かと思います。
この記事では、データ可視化ツールの「Redash」と webデータベースとしてのkintone」の連携カスタマイズをご紹介します。
手軽に試せるサンプルプログラムもありますので、下記ボタンからご確認いただけます。

設定方法とサンプルプログラムをみる

完成イメージ

今回のシステムは、Google Apps Script を使って、データベースの kintone で管理しているデータを Redash で可視化する仕組みになります。__________2020-08-20_10.48.44.png

「Redash」の「Visualization」機能を使ってグラフを作成し、グラフを元にダッシュボードを作成することができます。
例えば、このような2軸のグラフや、絞り込み条件を指定した上でのグラフがかんたんに作れます。

redash_007_two-axis.pngredash-105_query-with-filter-dashboard.png

連携の仕組み

Redash とMySQL などの一般的なデータソースと連携させるには、あらかじめ提供されているコネクタを利用します。

コネクタが用意されていないデータソースに対しても、所定の書式の JSON を返す Webサーブレットを「Querying URLs」で呼び出すことで、外部のアプリケーションからのデータ取得ができます。
今回は Redash が用意したコネクタがない場合の、「Querying URLs」という仕組みを使ってデータを取得する方法を紹介します。

architecture.png

また、期間が今年など、フィルタリングしたデータでグラフを作りたい場合、
下記の図のように「Query Results」というデータソースを使うことでデータの絞り込みができるので、そちらについても設定手順でご紹介します。

query-results.png

サンプルプログラムもありますので、redashでのデータ分析を手軽に試してみたい方
ぜひ下記のボタンから解説記事を見て、実際に試してみてください。

設定手順とサンプルプログラムをみる

webデータベースとしてのkintone

今回の連携でデータベースとして利用したのは、kintoneというサービスです。

複雑なシステム構築いらず、データベースワークフローコミュニケーションなどの機能を備えながら、豊富なAPIも用意されているクラウドサービスになります。

今回の例のように、データベースとしてデータの管理を実現しながら、データ分析ツールとの連携も柔軟に対応できます。

kintoneの機能についてもっと知りたい方は「開発プラットフォームとしてのkintone」をご覧ください。
1年間無料の「開発者ライセンス」もご用意しておりますので、ぜひご利用ください。

開発者ライセンスを申し込む

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

記事コメントは受け付けていません。