カテゴリー内の他の記事

カンタン構築。kintoneのデータを Outlook の予定表に自動登録しよう

Index

概要

Office 365を他の業務システムとの連携を検討しているが、
業務システムの構築で時間がかかるし、システム間の連携も大変!と頭を悩ませている方、実は多いのではないでしょうか?

そんな方々のために今回は、Outlook の予定表にデータを自動登録する仕組みを、
ノンコーディングで実現した連携カスタマイズをご紹介します。

実際の設定手順は解説記事にまとめました。直接設定手順を確認したい方は下記からご覧ください。

設定手順をみる

完成イメージ

   業務システムの画面               Outlookの画面

anime.gif

 

連携先の業務システムから、予定のタイトル、開始日時、終了日時、内容、連絡先のデータが、
Outlookに自動登録される仕組みになります。

00.png

連携の仕組み

今回の連携は「データベースであるkintone に予定データを追加すると、
Microsoft Power Automate経由でOutlook に予定が登録される
」というシンプルな構成になります。

summary.png

Microsoft Power Automateを利用することで、ノンコーディングでシステム連携を実現できています。

実際の設定手順を、別の記事で詳しく解説していますので、ご興味のある方ぜひ試してみてください。

解説記事をみる

ノンコーディングでシステム構築を実現するkintone

今回の連携でデータベースとして利用したのは、kintoneというサービスです。
複雑なシステム構築いらず、データベースワークフローコミュニケーションなどの機能を備えながら、
豊富なAPIも用意されているクラウドサービスになります。

今回の例のように、データベースとしてデータの管理を実現しながら、
Office 365などのサービスとの連携も柔軟に対応できます。

kintoneの機能についてもっと知りたい方は「開発プラットフォームとしてのkintone」をご覧ください。
1年間無料の「開発者向けライセンス」もご用意しておりますので、ぜひご利用ください。

また、Office 365やAzure など、その他のMicrosoft関連の便利なカスタマイズもあるので、
ご興味のある方はぜひご覧ください。

関連記事をみる

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

サインインしてコメントを残してください。