カテゴリー内の他の記事

ノンコーディングで業務効率化!Microsoft Power Automateを使ってSlackへ自動通知

Index

概要

チームやプロジェクトのコミュニケーションで Slack を利用しているが、
複数のツールの利用で、通知の確認が煩雑になったり、緊急の通知を見逃したり と、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんなとき、他のシステムの通知も Slack に集約できたらより効率的な管理を実現できます。
今回の記事は、ノンコーディングで実現できる、Slack への通知を自動登録する連携カスタマイズをご紹介します。

連携の仕組み

今回の連携カスタマイズは、Webデータベースの kintone に新規の問い合わせが登録されたら、
Microsoft Power Automate を通して、Slack に通知が自動で送信される、という
仕組みになります。

structure.png

できること

  • 最新情報をいち早く Slack に通知
    • kintone に問い合わせが保存されたタイミングで、Microsoft Power Automate を通して Slack に通知が送信されます。
      緊急の通知も見逃すことなく、迅速に対応が可能になります。
      image.png
  • 通知先やメッセージ内容は柔軟に設定可能
    • 通知先の Slack チャネルや、kintone から送信したい情報を柔軟に設定できます。
      必要な情報だけ、通知から手軽に確認することができます。
      message_to_slack.png

  • ノンプログラミングで数分で連携可能
    • Microsoft Power Automate と kintone の環境が揃っていると、数分で連携できます。
      kintone には、1年間無料の「開発者ライセンス」もご用意しておりますので、ぜひご利用ください。

カスタマイズの詳細な設定手順は、次のボタンからご確認ください。

設定方法をみる

Webデータベースとしての kintone

今回の連携でデータベースとして利用したのは、kintone というサービスです。
複雑なシステム構築いらず、データベースワークフローコミュニケーションなどの機能を備えながら、豊富なAPIも用意されているクラウドサービスになります。
今回の例のように、データベースとしてデータの管理を実現しながら、Microsoft Power Automate、Slack との連携も柔軟に対応できます。

kintoneの機能についてもっと知りたい方は「開発プラットフォームとしてのkintone」をご覧ください。
1年間無料の「開発者ライセンス」もご用意しておりますので、ぜひご利用ください。

開発者ライセンスを申し込む

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

記事コメントは受け付けていません。