カテゴリー内の他の記事

【Tips公開】kintoneのテーブルの行数とレコード一覧・詳細画面の描画時間との関係(2021/08/17)

「cybozu developer network」をご利用いただきましてありがとうございます。

本日公開しましたTipsをご紹介します。

kintoneのテーブルの行数とレコード一覧・詳細画面の描画時間との関係

kintone のアプリで利用できる「テーブル」フィールド(以下、テーブル)は、
「表」形式でのデータの管理を可能にする便利な機能です。

テーブル内に複数のフィールドを保持することができ、必要に応じて入力行を増やすことができるので、
予め入力するデータの行数が決まっていない場合などにご活用いただけます。

そんな便利なテーブルですが、必要に応じて入力行を増やせるため、1レコードあたりのデータ量が大きくなりやすいです。

1レコードあたりのデータ量が大きくなると、レコードが表示されるまでの時間が長くなるなど、利用者に影響が出てしまいます。

そこで、本記事ではテーブルの行数を増加させることで、
レコード一覧画面(以下、一覧画面)とレコード詳細画面(以下、詳細画面)の描画時間にどのような影響があるのかを検証しました。

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

サインインしてコメントを残してください。