カテゴリー内の他の記事

Google Apps Script で自動化!Googleフォームの回答を簡単集計

Index

概要

アンケートやイベントの出欠などに Googleフォームを利用しているが、
収集した情報をより効率的に管理したい!と考えている方、実は多いのではないでしょうか。

そんなとき、収集したデータにアクセス権を設定したり、
グラフで可視化するなども簡単にできるkintone」と連携できたら、より効率的な管理を実現できます。
今回は、Google Apps Script を使って、その回答を素早く Webデータベースの kintone に登録する連携カスタマイズをご紹介します。

連携の仕組み

今回の連携は Google Apps Script を利用して、Google フォームで送信された内容を kintone に登録する仕組みになります。

form_gas_kintone.png

手軽に試してみたい方、下記ボタンからサンプルプログラムをご確認ください。

設定方法とサンプルプログラムをみる

できること

  • 送信された回答データを自動同期
    • Google Apps Script を利用して、送信されたフォームの回答を kintone に自動登録します。
      form_kintone.png
  • 蓄積されたデータを簡単にグラフ化
    • 送信された回答データは数クリックでグラフ化できます。
      graph.png

  • アクセス権限を細かくコントロール

    • データへのアクセス権を設定することで、個人情報の閲覧や書き出しの権限を細かく管理できます。

      access.png

手軽に試してみたい方、下記ボタンからサンプルプログラムをご確認ください。

設定方法とサンプルプログラムをみる

Webデータベースとしての kintone

今回の連携でデータベースとして利用したのは、kintone というサービスです。
複雑なシステム構築いらず、データベースワークフローコミュニケーションなどの機能を備えながら、豊富なAPIも用意されているクラウドサービスになります。
今回の例のように、データベースとしてデータの管理を実現しながら、Webフォームツールとの連携も柔軟に対応できます。

kintoneの機能についてもっと知りたい方は「開発プラットフォームとしてのkintone」をご覧ください。
1年間無料の「開発者ライセンス」もご用意しておりますので、ぜひご利用ください。

開発者ライセンスを申し込む

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

記事コメントは受け付けていません。