カテゴリー内の他の記事

2019/09/08の定期メンテナンスにおけるkintone API 更新情報 (2019/08/14)

フォローする

2019年9月8日の定期メンテナンスの、kintone API の更新に関する情報をお知らせします。
お知らせの内容に追加、変更等ありましたら、こちらのコメントにて変更箇所を追記します。
また、APIドキュメントには仕様を順次公開していきます。

kintone JavaScript API

仕様変更

  • スマートフォン版の「ヘッダーの下側の空白要素を取得する」API で取得する要素の位置を変更
    ※ 2019/07/31 の先行情報で告知済みの内容です。
    • 対象画面およびAPI
    • 内容:
      スマートフォン版の「ヘッダーの下側の空白要素を取得する」API で取得する要素の位置が変わります。
      • 変更前:
        対象画面すべて
        位置:黒いヘッダー直下の空白部分
        変更前の取得位置
         
      • 変更後:
        各画面において、次の位置の要素を取得します。
        • レコード一覧画面(カレンダービュー以外) 
          位置:一覧切り替えとレコード一覧の間の空白部分
          レコード一覧画面(カレンダービュー以外)
           
        • レコード一覧画面(カレンダービュー) 
          位置: ヘッダー直下の空白部分 ※変更なし
          レコード一覧画面(カレンダービュー)
           
        • レコード詳細画面、レコード編集画面
          位置:レコードタイトルと「内容/コメント/変更履歴切り替え」タブの間の空白部分
          レコード詳細画面、レコード編集画面
           
        • レコード追加画面 
          位置:「レコードを作成」という文言と「内容」タブの間の空白部分
          レコード追加画面

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。