カテゴリー内の他の記事

kintone カスタマイズファイルのアップロード方法まとめ

フォローする

Index

はじめに

kintone を カスタマイズする JavaScript/CSSファイルを効率的にアップロードする方法を紹介します。

方法 1 kintone上で直接編集する方法

pic1.png

概要

JavaScriptエディタ機能を持つ「JSEdit for kintone プラグイン」を利用する方法です。
プラグインの設定画面からkintoneのJavaScript/CSSファイルを作成・編集します。

関連する記事

方法 2 コマンドラインを利用する方法

pic2.png

概要

コマンドライン上でkintoneのJavaScript/CSSファイルをアップロードするツール「customize-uploader」を利用する方法です。
ファイルの変更を自動で検知し、ファイルをkintoneの環境にアップロードします。

関連する記事

方法 3 Visual Studio Codeを利用する方法

pic3.png

概要

コードエディタ Visual Studio Codeの拡張機能「Live Server Extension」を利用する方法です。
「Live Server Extension」を使うと、ローカルPCにWebサーバを立てることができます。
kintoneのJavaScript/CSSファイル適用画面に、ローカルにあるファイルのURLを指定して、kintoneの環境に適用します。

注意事項

  • 自分の端末からのみkintoneの動作を確認できるため、開発時にのみご利用ください。

関連する記事

方法 4 Dropboxを利用する方法

pic4.png

概要

Dropbox等のクラウドサービスのストレージ機能を利用する方法です。
kintoneのJavaScript/CSSファイル適用画面に、ストレージにあるファイルのURL(共有URL)を指定して、ファイルをkintoneの環境に適用します。

注意事項

  • Dropboxで共有したJavaScriptファイルは、インターネットに公開されるので注意が必要です。
    運用時にオンラインストレージサービスの利用は推奨しません。

関連する記事

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。