カテゴリー内の他の記事

2019/08/11の定期メンテナンスにおける cybozu.com 共通、kintone API、Garoon API、User API 更新情報 (2019/07/12)

フォローする

2019年8月11日の定期メンテナンスの、cybozu.com 共通、kintone API、Garoon API および User API の更新に関する情報をお知らせします。
お知らせの内容に追加、変更等ありましたら、こちらのコメントにて変更箇所を追記します。
また、APIドキュメントには仕様を順次公開していきます。

cybozu.com 共通

仕様変更

  • OAuth クライアントの認可要求時の Garoon のスコープに「ワークフロー申請データの取得」を追加
    • 対象機能
      OAuthクライアントの使用(β)
    • 内容:
      OAuth の認可要求時のスコープ設定で、以下の Garoon に対するアクセス権限を付与できるようになります。
      • g:workflow:read  ワークフロー申請データの取得

kintone JavaScript API

仕様変更

  • kintone 全体およびアプリのカスタマイズで適用する JavaScript/CSS ファイルのファイルサイズ上限値が増加
    • 対象画面および API
    • 内容:
      kintone 全体およびアプリのカスタマイズで適用できる JavaScript/CSS ファイルのファイルサイズの上限値が 20MB になります。
      • 変更前:
        • JavaScript ファイル(PC用およびスマートフォン用):5MB
        • CSS ファイル(PC用およびスマートフォン用):512KB
      • 変更後:
        • JavaScript ファイル(PC用およびスマートフォン用):20MB
        • CSS ファイル(PC用およびスマートフォン用):20MB

不具合修正

エラーメッセージの変更 

  • 「スペースの本文の更新」API または「スペースのスレッドの更新」APIで、リクエストパラメータ「body」に一時保管領域※ から削除されたファイルの fileKey を含んでいる場合のエラーメッセージを変更
    • 対象 API
    • 内容:
      「スペースの本文の更新」API  または「スペースのスレッドの更新」API のリクエストパラメータ「body」に、一時保管領域※ から削除されたファイルの fileKey が含まれた場合のエラーメッセージが変更されます。
      • 変更前:不正なリクエストです。
      • 変更後:添付ファイルが見つかりません。削除されている可能性があります。
    ※ 一時保管領域は、ファイルアップロード API を利用してファイルをアップロードした場合にファイルが一時的に保存される場所です。
    一時保管領域に保存されたファイルは、レコード登録/更新 API によるレコード添付やスペース添付など紐付けが行われない場合、3日間で一時保管領域から削除されます。

Garoon REST API

新規追加

  • API の新規追加
    ワークフローの申請データを取得する API が追加されます。
    • ワークフロー:申請データの取得
      GET /workflow/admin/requests
      • 全申請データを取得する API です。
      • ワークフローに対する管理者権限を持つユーザーのみ実行できます。
    • ワークフロー:申請データに添付されたファイルの取得
      GET workflow/admin/files/{fileid}
      • 申請データに添付されたファイルを取得する API です。
      • ワークフローに対する管理者権限を持つユーザーのみ実行できます。

Garoon SOAP API

仕様変更

  • クラウド版レスポンスヘッダーの apiVersion(API バージョン)の発番方針を変更
    • 対象API
    • 内容:
      クラウド版 SOAP API レスポンスヘッダーの apiVersion(API バージョン)の発番方針が変更されます。
      • 変更前:API 用に発番されるバージョン番号
      • 変更後:プロダクトの内部バージョン番号と同じ(レスポンスヘッダーの version と同じ値になります)

User API

不具合修正

  •  「組織の登録」API および「組織の更新」APIで、リクエストボディ「organizations」プロパティに code を含めずに実行した場合の HTTP ステータスコードとエラーメッセージを修正
    • 対象API
    • 修正内容:
      リクエストボディのorganizations プロパティに、必須項目である code を含めずに実行したとき
      • 修正前:HTTPステータスコード 520 で「不正なリクエストです」エラーとなり、組織情報の追加または更新が行われない。
      • 修正後:HTTPステータスコード 400 で「入力内容が正しくありません」エラーとなり、組織情報の追加または更新が行われない。

 

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。