カテゴリー内の他の記事

Garoon 通知一覧で Office365 Outlook の新着メール通知を受け取ろう

Index

はじめに

スケジュールや掲示板は Garoon を利用しているけれど、メールだけは Office365 の Outlook を使っている方はいらっしゃいませんか?
その場合、新着メールの確認には Office365 にログインしてチェックする必要があります。

今回は、Garoon の通知登録 API を使って、Outlook に新着メールが届いたら Garoon で通知を受け取るカスタマイズです。
Outlook にログインしなくても、Garoon の画面で新着メールをチェックできるようになるので、業務がちょっとだけ楽になるかも(?)しれません。

必要なもの

  • Garoon アカウント(クラウド版)
  • Outlook と Power Automate を利用できる Office 365 アカウント

完成イメージ

ユーザーは、Office 365 Outlook で受信した新着メールを、Garoon 通知一覧で確認できます。 

office3652garoon.png

動作イメージは次のとおりです。

  1. Office365 Outlook で新着メールを受信したら、Microsoft Power Automate のトリガーが発火します。
  2. Microsoft Power Automate のアクションで、Garoon 通知登録 API を実行し、Garoon 通知を登録します。

 

Garoon と Microsoft Power Automate の設定

Garoon の設定

Garoon 通知登録 API を利用するには、APIの外部通知の設定が必要です。

  1. [Garoon システム管理]を開き、[各アプリケーションの管理]タブから[通知一覧]を選択します。
  2. [外部通知の設定]を選択し、[外部通知を追加する]をクリックします。
  3. 「外部通知の追加」画面で、次のように入力します。外部通知設定の詳細は、「API の外部通知の設定」をご参照ください。


    項目名
    ステータス 「有効」を選択します。
    許可する外部通知 「API」を選択します。
    外部通知コード 外部通知を識別するためのコードです。
    今回は「office365-mail-notifier」と入力します。
    表示名 「通知一覧」ポートレットおよび「通知一覧」画面に表示されるアプリケーション名として表示されます。
    今回は、「Outlook 新着メール」と入力します。
    許可するURL 次の2つの URL を指定します。
    • https://outlook.live.com/mail/inbox/id/*
      通知のリンクをクリックしたときに、メールを表示するためのURLです。
    • https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/simple-icons/3.0.1/microsoftoutlook.svg
      通知アイコンのURLです。
  4. [追加する]ボタンをクリックします。

手順は以上です。

Microsoft Power Automate の設定

Microsoft Power Automate で、Outlook でメールを受信したら Garoon 通知登録 API を実行するフローを作成します。

  1. フローを作成します。
    Microsoft Power Automate を開き、左サイドバーより[マイフロー]を選択します。
  2. [+新規]ボタンをクリックします。[一から作成]を選択します。
  3. トリガーを作成します。
    ページ下部の[多数のコネクタやトリガーを検索する]をボタンをクリックします。
  4. [コネクタやトリガーを検索する]欄に「Office 365 Outlook」と入力します。
    検索結果の「Office 365 Outlook」を選択し、[トリガー]タブの「新しいメールが届いたとき」を選択しトリガーを追加します。
  5. 「Office 365 Outlook」の「新しいメールが届いたとき」トリガーが追加されます。
    [フォルダー]は「Inbox」のままとします。
  6. トリガーが発火したときのアクション(今回はGaroon 通知登録 API を実行するHTTPアクション)を作成します。
    [新しいステップ]ボタンをクリックします。
  7. [コネクタとアクションを検索する]欄に、「HTTP」を入力して検索します。
    [アクション]タブの「HTTP」を選択します。
  8. 次のように設定します。
    アクションの設定

    項目名
    方法 「POST」を選択します。
    URI 実行するAPIのURLを指定します。
    今回は次のURLを入力します。
    ※ SUBDOMAINは、ご利用のGaroon環境に合わせてください。
    https://SUBDOMAIN.cybozu.com/g/api/v1/notification/items
    ヘッダー
    キー
    X-Cybozu-Authorization Garoon のログイン名とパスワードを「:」でつないで BASE64エンコードを行った値です。
    たとえば、ログイン名が「Administrator」、パスワードが「cybozu」の場合、「QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=」です。
    Content-Type application/json
    クエリ 設定しません。
    本文 実行するAPIのリクエストパラメータを設定します。
    指定する値の詳細は、リクエストパラメータの詳細をご参照ください。
    ※環境に合わせて書き換えが必要な箇所があります。
  9. [保存]ボタンをクリックし、フローを保存します。

設定は以上です。
フローの全体構成は、次のようになっているはずです。

リクエストパラメータの詳細

Microsoft Power Automate の HTTP アクションに定義するリクエストパラメータ(「本文」に設定する値)について説明します。

プロパティ名 概要
app office365-mail-notifier Garoon の外部通知設定で指定した「外部通知コード」を利用します。
notificationKey
@{guid()}
Garoon の通知キーには、GUID 関数が発行した文字列を用います。
Garoon では、同じ通知キーを持つ通知を上書きします。
GUID 関数を使うとユニークな文字列を発行できるため、新規の通知として登録できます。
operation add

Garoon の通知操作です。
新規に通知を登録します。

url https://outlook.live.com/mail/inbox/id/@{triggerBody()?['Id']} 通知のリンクをクリックしたときに Outlook のメールを開くようにします。
title @{if(less(length(triggerBody()?['Subject']),20),triggerBody()?['Subject'],substring(triggerBody()?['Subject'],0,20))} 通知タイトルには、メールタイトルを利用します。
リクエストパラメータの文字数制限にかからないよう、substring 関数で先頭20文字に切り出しています。
ただし、メールタイトルが20文字より少ない場合は元のタイトルを使用します。
body @{if(less(length(triggerBody()?['BodyPreview']),100),triggerBody()?['BodyPreview'],substring(triggerBody()?['BodyPreview'],0,100))} 通知本文には、メール本文を利用します。
リクエストパラメータの文字数制限にかからないよう、substring 関数で先頭100文字に切り出しています。
ただし、メール本文が100文字より少ない場合は元のメール本文を使用します。
icon https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/simple-icons/3.0.1/microsoftoutlook.svg 通知アイコンには、CDNで公開されている Outlook アイコンを利用します。
destinations
{
"type": "USER",
"code": "USER_LOGIN_NAME"
}
通知先のリストです。
通知者は、Garoon ユーザーとし、type には USER 、code にはGaroon のログイン名を指定します。

USER_LOGIN_NAME の部分をご自身のログイン名に書き換えてください。

おわりに

今回は、Garoon の通知登録 API を使って、Outlook に新着メールが届いたら Garoon で通知を受け取るカスタマイズを紹介しました。

Microsoft Power Automate と Garoon 通知を組み合わせると、ノーコーディングでさまざまな Garoon への通知の仕組みを作成できます。
たとえば、「One Drive の所定フォルダーにファイルが追加されたら Garoon に通知する」フローを作ると、かんたんにチームメンバー間で、ファイルの更新情報の共有ができるようになります。
Microsoft Power Automate が提供しているさまざまなトリガーと組み合わせて、Garoon に通知してみましょう。

このTipsは、2019年9月版 Garoonで確認したものになります。

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

サインインしてコメントを残してください。