カテゴリー内の他の記事

ブラウザのデベロッパーツールを使って、kintone REST APIのサンプルを簡単に実行してみる!

フォローする

はじめに

kintone REST APIの動作を試す時に、皆さんは何を使っていますか?
 
Postmanや当サイトから利用できる HTTP Client for kintoneを使う方が多いと思いますが、
サブドメインや認証情報など、いちいち入力するのが意外と面倒ですよね..
 
実は、ブラウザのデベロッパーツールを使えば、なんと、数クリックでkintone REST API のサンプルを試せるのです!
今回は、Chromeのデベロッパーツールのコンソールから、
APIドキュメントに載っているkintone REST API のリクエストサンプルを実行する方法を紹介いたします。
(他のブラウザのデベロッパーツールでも同様の方法が可能です。)

手順

それでは、kintone REST API サンプルの レコードの取得(1件) で動作を試してみましょう。

  1. まずは、Chromeで自分のkintone開発環境や社内環境にログインします。
  2. kintoneの画面を開いたまま、[F12]キー(Macの場合はoption+command+i)を押して開発者ツールを起動し、左から二番目のコンソールタブを開きます。
  3. 下記「レコードの取得」のサンプルコードをコピーして、Chromeのコンソールに貼り付けます。

*対象のアプリIDとレコードIDは書き換えてください。

コンソールにサンプルコードを貼り付ける

 

4.あとは[Enter]キーで実行すると、その場でAPIの動作確認ができます!

あまり扱ったことがないAPIもこれなら一瞬で試せますね。

 
console.log(resp) の部分は普通JSON形式で返ってきますが、
下記のように書き換えますと、
console.log(JSON.stringify(resp,null,"    "))
 
レスポンスをいい感じに整形した文字列で返してくれます。是非使ってみてください:)

おわりに

いかがでしょうか。簡単にできましたねヾ(≧▽≦)ノ゙ゥキャキャ☆

他にもChrome限定ですが、デベロッパーツールの便利な使い方については こちらのナレッジノートの本文やコメント欄で投稿されています。
おすすめの使い方をご存知の方は気軽にコメント欄で教えてください!

ブラウザのデベロッパーツールを活用して、kintoneのカスタマイズをより効率的にしましょう^^!

このTipsは、2019年3月版 kintoneで確認したものになります。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。