カテゴリー内の他の記事

kintoneコネクタ(Microsoft Flow)の新しいトリガーを使ってみよう!

フォローする

(著者:サイボウズ 國弘 遥)

 

Index

はじめに 

2018年11月、Microsoft Flow(以下、MS Flow)のkintoneコネクタに、4つのトリガーが新たに追加されます。

そこで、新しいトリガーの概要と、新トリガーを使ったTipsをご紹介します。

MS Flow、kintoneコネクタとは?

こちらの記事をご確認ください。

新しいトリガーの概要

以下の4つのトリガーが追加されます。

  • レコード更新トリガー
  • レコード削除トリガー
  • レコードコメント追加トリガー
  • ステータス更新トリガー

レコード更新トリガー

 アプリのレコードを更新したときに動作するトリガーです。

 後続のアクションで利用できる値

  • Webhook通知ID
  • 更新されたレコードのURL
  • 更新されたレコードのフィールド値 ※1

レコード削除トリガー

 アプリのレコードを削除したときに動作するトリガーです。

 後続のアクションで利用できる値

  • Webhook通知ID
  • 削除されたレコードID
  • 削除された日時
  • 削除したユーザーコード
  • 削除したユーザー名

レコードコメント追加トリガー

 アプリのレコードにコメントを投稿したときに動作するトリガーです。

   後続のアクションで利用できる値

  • Webhook通知ID
  • コメントが投稿されたレコードのURL
  • コメントが投稿されたレコードID
  • コメントが投稿された日時
  • コメントを投稿したユーザー名
  • コメントを投稿したユーザーコード
  • コメントID
  • コメント本文
  • 宛先情報
    • 宛先のユーザー/組織/グループコード
    • 宛先の種類(取りうる値はUSER/ORGANIZATION/GROUP)

ステータス更新トリガー

 レコードのステータスを更新したときに動作するトリガーです。

 後続のアクションで利用できる値

  • Webhook通知ID
  • ステータスが更新されたレコードのURL
  • ステータスが更新されたレコードのフィールド値 ※1
  ※1 レコード更新トリガー、およびステータス更新トリガーで取得できるフィールドについては、こちらの記事(kintoneコネクタを使う前に知っておきたいこと10選)をご確認ください。

連携Tips

それではここから、ステータス更新トリガーを使って、「レコードのステータスが更新されたら、Gmailで通知する」Tipsを紹介していきます。

kintoneの標準機能で、メール通知の有無をアプリごとに設定することはできません。「特定のアプリのステータス変更時だけ、メールで通知を受け取りたい」といった場合に、このTipsが役立ちそうです。

準備

  • kintone
    • kintoneアプリ(物品購入申請)
    • MS Flowを使った外部サービスとの連携の許可 ※2
  • MS Flow 
  • Gmail

     ※2 設定方法の詳細は、kintoneヘルプ(Microsoft Flowとkintoneを連携する)をご確認ください。

kintoneの設定

アプリを作成し、プロセス管理を設定する

今回は「物品購入申請」アプリを作成します。

______.PNG

アプリを開いた状態でURLを確認し、アプリIDを控えます。

MS Flowの設定

事前にサインアップをした上でフローを作成してください。

フローの作成

メニュー>マイフロー>一から作成 をクリックします。

トリガーの選択

検索窓に「kintone」と入力し、トリガー「When a process management status is updated」を選択します。

MSFlow_kintone____.PNG

 ※開発環境のため、実際の表示と異なる場合があります。

kintoneへの接続を作成

お使いのkintoneのドメイン名を入力し、ログインします。

kintoneのログイン画面後、こちらの画面で「許可」をクリックします。

_________.PNG

 アプリIDを入力し、「新しいステップ」をクリックします。

アクション(Gmail)の設定

検索窓に「gmail」と入力し、「メールを送信します」アクションを選択します。

action.PNG

選択後、お使いのGmailアカウントにログインします。

送信するメールの内容の設定

ステータス更新トリガーは、後続のアクションで、ステータスが更新されたレコードのURLやフィールド値が利用できます。

これを活用して、送信するメールの本文に、レコードのフィールド値を挿入することもできます。

_______.png

 

設定を終えたら、「保存」をクリックします。

動作確認

連携したアプリにレコードを登録し、ステータスを更新すると、Gmailにさきほど設定した内容の通知メールが届きます。

gmail___.PNG

おわりに

新たに追加された4つのトリガーを他サービスと組み合わせれば、ノンプログラミングで、さらにkintoneを使いやすくすることができます。

本記事の連携Tipsで取り上げた「ステータス更新トリガー」以外の3つのトリガーも、ぜひ試してみてください。

このTipsは、2018年11月版 kintoneで確認したものになります。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。