カテゴリー内の他の記事

メッセージの空白要素を取得する

フォローする

メッセージの空白要素を取得する

「宛先」の下にあるHTML要素を取得します。

関数

garoon.message.body.getItemLastSpaceElement()

使用可能なバージョン

  • クラウド版 Garoon
  • パッケージ版 Garoon バージョン 5.0.0以降

引数

取得するスペース要素の基点となるフィールドを指定します。
次の値の指定が可能です。

  • recipients

返り値

  • 指定された要素が存在する場合、HTML要素を返します。
  • 利用できない画面では null を返します。

利用できる画面 (例:"recipients"を指定した場合)

  • メッセージの作成画面

    __________.png

  • メッセージの宛先変更画面

    ____________.png

  • メッセージの再利用画面

    ___________.png

  • メッセージの作成画面(詳細画面)

    __________________.png

  •  (メールから)転送してメッセージを作成する画面

    __________.png

サンプル

 

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。