カテゴリー内の他の記事

メッセージの値をセットする

フォローする

メッセージの値をセットする

現在開いてるメッセージの値をセットします。

関数

garoon.message.body.set()

使用可能なバージョン

  • クラウド版 Garoon

指定できるパラメータ

プロパティ名 valueの例 説明
recipients 配列
"recipients": [{
"id": "1",
"name": "cybozu",
"code": "cybozu",
"type": "USER"}]

メッセージ宛先のリスト

宛先がない場合、値は空の配列になります。

recipients[].id 文字列 宛先のユーザーID
recipients[].type 文字列

宛先のタイプ

利用可能なvalueは次のとおりです。

  • USER
recipients[].code 文字列 宛先のログイン名
recipients[].name 文字列

宛先の表示名

 返り値

なし

サンプル

利用できる画面

  • メッセージの作成画面
  • 別のメッセージを送る画面
  • メッセージの再利用画面
  • メッセージの宛先変更画面
  •  (メールから)転送してメッセージを作成する画面

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。