カテゴリー内の他の記事

【重要】2018/08/12の定期メンテナンスにおけるGaroonに関する仕様変更について(一部先行情報)(2018/06/29)

フォローする

2018年8月12日の定期メンテナンスにおけるGaroonの仕様変更に関する情報を一部先行してお知らせします。
お知らせの内容に追加、変更等ありましたら、こちらのコメントにて変更箇所を追記します。

Garoon

仕様変更

JSON.stringify()の挙動の変更

  • 修正内容:
    JSON.stringify()がGaroon内部のライブラリに上書きされていましたが、
    元々のブラウザネイティブ関数の挙動になるように変更します。

    この変更により、JSON.stringify()の原因によるAPIリクエスト時の不正なJSON文字列のエラーは発生しなくなります。


    var myObj = {x: 5, y: ["a", "b", "c"]};
    console.log(window.JSON.stringify(myObj));
    
    //変更前:{"x":5,"y":"[\"a\", \"b\", \"c\"]"}
    //変更後:{"x":5,"y":["a","b","c"]}
    

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。