カテゴリー内の他の記事

2018/06/10の定期メンテナンスにおけるkintone API更新情報(2018/05/10)

フォローする

2018年6月10日の定期メンテナンスの、kintone APIの更新に関する情報をお知らせします。
お知らせの内容に追加、変更等ありましたら、こちらのコメントにて変更箇所を追記します。
また、APIドキュメントには仕様を順次公開していきます。

kintone  REST API

追加される機能

  • 実行ユーザーのレコードやフィールドに対するアクセス権を取得できるREST APIを追加
    • 対象API: 実行ユーザーのアクセス権の取得 /k/v1/records/acl/evaluate.json
    • 機能内容: 指定したアプリのレコードとレコード内のフィールドに対する、実行ユーザーのアクセス権(真偽値)を取得するAPIを追加します。

kintone  JavaScript API

修正される不具合

  • プラグイン設定の保存APIでキー項目に日本語を設定した場合のエラー内容が不適切
    • 対象API: プラグインに設定を保存する kintone.plugin.app.setConfig
    • 修正内容:
      アプリ管理のプラグインの個別設定画面で
      kintone.plugin.app.setConfig
      を実行して設定情報を更新しようとした時に、設定のキー名にASCII文字以外を指定した場合
      • 修正前:データが大きすぎるというエラーメッセージを表示
      • 修正後:不正な文字が含まれていることが分かるエラーメッセージを表示

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

Avatar
cybozu Development team

【2018年5月11日更新】

kintone REST API 追加される機能の記述を下記のとおり変更いたしました。

 変更前: ログインユーザーのレコードやフィールドに対するアクセス権を取得できるREST APIを追加

 変更後: 実行ユーザーのレコードやフィールドに対するアクセス権を取得できるREST APIを追加

ログインしてコメントを残してください。