カテゴリー内の他の記事

第0回 kintone カスタマイズをはじめる前に知っておきたい6つのこと

フォローする

Index

はじめに

本記事では、大人気シリーズ「はじめよう kintone API シリーズ」を始める前に知っておきたい幾つかのことを紹介します。

その1 kintone 開発者ライセンスを申し込む(環境準備)

まずは、開発用に使えるkintone環境を取得しましょう。
本サイトでは、メンバー登録(無料)をすると1年間無償の開発者ライセンスが取得できます。

開発者ライセンス(ログインが必要です)

__________2017-09-20_12.20.08.png

※記事内の注意事項にもある通り、お申込みから発行まで30分程度かかります。

その2 エディタを準備する

JavaScriptファイル作成時にお勧めのエディタやIDEを紹介します。

JSEdit for kintone

本サイトのサンプルに掲載している、プラグインです。
プラグイン設定画面で、JavaScriptを記述することができます。

Cloud9

技術者向けイベント、kintone devCampのハンズオンでもしばしば使うことがあるIDEです。

Atom

kintone開発メンバーもお勧めの、Githubが主体となって公開しているテキストエディタです。

Brackets

Adobe提供のエディタです。

Sublime Text

Web制作界隈で人気のエディタです。


この他にも、様々なエディタがありますので、自分の使い易いエディタを探してみましょう!

その3 デバッグ方法を知る

kintone JavaScript カスタマイズを進めていく上で、エラーの原因を調査したい時の方法を下記Tipsでまとめています。

その4 開発効率を上げる方法を知る

kintoneには作成したJavaScriptファイルをURL指定と、アップロードして追加する方法があります。

開発中は変更した処理を即時で確認したいときが来るかと思います。そんな時に、便利なTipsを以下で掲載しています。

その5 JavaScriptコードチェッカーを知る

開発が終わって、社内のアプリに適用する前にコードレビューをしましょう。
別の開発者の方のコードレビューも大切ですが、本サイトでは自動レビューツールを公開しているので有効に活用しましょう。

jswatchdog(JavaScript コードチェッカー)

その6 cybozu developer network コミュニティ を活用する

JavaScript 開発を進めていく中で、行き詰まることもあるかと思います。
そんな時は、本サイトのコミュニティで質問してみましょう。そして、慣れてきたら回答にもチャレンジしてみましょう。

cybozu developer network コミュニティ

さいごに

ここまで準備ができたら、次はいよいよはじめようシリーズの本編に移りましょう。
Let’s kintoneカスタマイズ\(^o^)

第1回 kintone javascript APIのイジりかた >>

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk