【kintone API】ステータス一括更新APIの不具合について

フォローする

「cybozu.com developer network」をご利用いただきましてありがとうございます。

複数のレコードのステータスを一括更新するAPIにおいて、作業者の設定が不正になる不具合が確認されました。
こちらの不具合につきましては2016年8月版のアップデートで改修される予定です。

発生する条件

①プロセス管理において、アクション実行前のステータスの作業者が以下のいずれかの設定となっている。

  • 次のユーザー全員
  • 次のユーザーのうち1人

②ユーザーとして以下のいずれかが設定されている。

  • 作成者
  • 更新者
  • ユーザー選択
  • 組織選択
  • グループ選択

③レコードのステータス一括更新API(/k/v1/records/status.json)で、上記設定となっている複数レコードを更新する。

発生する不具合

records[].assignee パラメータに指定した1件目の作業者と同じ設定で、2件目以降のレコードの作業者が設定されます。

回避方法

複数更新を行わず、1レコードずつ更新することで回避可能となります。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk