カテゴリー内の他の記事

レコード印刷画面表示イベント

フォローする

Index

イベント

イベント発生時に実行できる操作

その他

イベント


レコード印刷画面が表示された時のイベント

レコード印刷画面が表示された後に発生するイベントです。

  • PC用のみで利用できます。

関数

app.record.print.show

発生するタイミング

  • レコードの印刷画面が表示されたあと

eventオブジェクトのプロパティ

プロパティ名説明
appId 数値 アプリID
record オブジェクト レコードオブジェクト
recordId 数値 レコードID

フィールドの値に応じた制御

サンプル

レコードの印刷画面の表示時にメッセージを表示します。

イベント発生時に実行できる操作


フィールドの表示/非表示を切り替える

フィールドの表示/非表示を切り替えます。関数kintone.app.record.setFieldShownの第一引数にフィールドコードを、第二引数にtrue/falseを指定します。
trueを指定すると表示、falseを指定すると非表示になります。

  • PC用のみで利用できます。

関数

kintone.app.record.setFieldShown("フィールドコード","true/false")

サンプル

レコードの印刷画面の表示時に、フィールドコード「文字列__1行」を非表示にする例:

以下のフィールドは非表示にできません。

  • ラベル
  • 罫線
  • スペース

その他


関連Tips

準備中

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk