カテゴリー内の他の記事

レコード印刷画面表示イベント

レコード印刷画面の表示後イベント

レコード印刷画面が表示された後に発生するイベントです。

  • PC用のみで利用できます。
  • kintone.Promiseオブジェクトをreturnすると、非同期処理の完了を待って次の処理を開始します。

イベントタイプ

app.record.print.show

発生するタイミング

  • レコードの印刷画面が表示されたあと

eventオブジェクトのプロパティ

プロパティ名 説明
appId 数値 アプリID
record オブジェクト

レコードの印刷画面が表示された時のデータを保持したレコードオブジェクト※

※レコードオブジェクトとは、フィールドコードとフィールドの値などのレコードの情報を含むオブジェクトです。
 フィールドの値は、フィールドの形式によって異なります。詳細はフィールド形式をご確認ください。

recordId 数値 レコードID
type 文字列 イベントタイプ

eventオブジェクトで実行できる操作

非同期処理の完了を待って次の処理を行う

kintone.Promise オブジェクトを return することにより、非同期処理の完了を待ってからeventオブジェクトで実行できる操作を実行できます。
同じイベントに複数のイベントハンドラが登録されているとき、エラーなどが発生してThenableオブジェクトが棄却された場合には、後続のイベントハンドラの処理は実行されません。
記述方法は kintone における Promise の書き方の基本を参考にしてください。

サンプル

レコードの印刷画面の表示時にメッセージを表示します。

関連Tips

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

記事コメントは受け付けていません。