2016/08/14 の定期メンテナンスにおけるkintone API、User API更新情報

フォローする

2016年8月14日の定期メンテナンスの、kintone API、User APIの更新に関する情報をお知らせします。
お知らせの内容に追加、変更等ありましたら、こちらのコメントにて変更箇所を追記します。
また、APIドキュメントには仕様を順次公開していきます。

kintone REST API

追加される機能

修正される不具合

  • レコードの更新APIで複数の添付ファイルを登録する際に、リクエストボディでJSON形式で指定した順番でなく不規則に登録される不具合

  • [追加]レコードの一括取得APIで、クエリー文字にユーザー選択フィールドの条件にPRIMARY_ORGANIZATION()のみを指定すると優先する組織ユーザーが取得できない不具合

  • レコードのステータス一括更新APIで「次のユーザーから作業者を選択」になっているかつ選択可能なユーザーが存在する指定条件にもかかわらず、records[].assigneeを指定しない場合に、不正な作業者が設定される不具合

  • アプリ情報の取得APIで作成者・更新者がkintone停止/削除/非利用ユーザーのときに情報が取得できる不具合
    修正後:空文字列が返ります。

修正されるメッセージ

  • 次の実行時に、メッセージは異なるが、エラーコードが[OC_NO02]と重複している
    • スペースをテンプレートから作成する際に、存在しないスペーステンプレートIDで実行する
      修正後:「OC_NO10」に修正されます。
    • アプリの新規作成を存在しないスレッドのIDで実行する
      修正なし:現状の「OC_NO02」です。

  • [追加]クエリー文字列に配列型パラメータを指定できるAPIで、その要素数が上限を超えている
    修正前:不正なリクエストです。
    修正後:パラメータの数が上限を超えています。

  • [追加]クエリー文字列に配列型パラメータを指定できるAPIで、添え字が0からの連番でないときのメッセージが不適切なことがある
    修正前:不正なリクエストです。
    修正後:nullまたは空の文字列が含まれています。

  • [追加]JavaScript / CSSカスタマイズ設定の変更APIで、desktop.css[].type、desktop.js[].type、mobile.js[].type の"type" を指定しないとエラーになる
    修正前:不正なJSON文字列です。
    修正後:JS/CSSの種類指定がない。


kintone JavaScript API

追加・拡張される機能

修正される不具合

  • [追加]レコード追加/編集/一覧のインライン編集の保存実行前イベントで発生したエラーを確認できない不具合
    console.log にエラーメッセージが出力されませんでしたが、修正後は出力されるようになります。

  • [追加]レコード一覧のフィールド要素を取得するAPI(kintone.app.getFieldElements)で、特定の条件下でフィールド要素以外の要素が戻り値に含まれる不具合

 

User API

変更される機能

  • 認証方式の変更
    変更前:セッション認証、パスワード認証の順になります。
    変更後:パスワード認証、セッション認証の順になります。

修正されるエラーコード

  • 認証方式の変更より、次のエラーコードが修正されます。
    修正前:
      CB_AU01:すべての認証に失敗し、ログインできないとき
    修正後:判定により3つのエラーコードに分かれます。
      CB_WA01:パスワード認証のX-Cybozu-Authorization ヘッダの設定が不適切なとき
      CB_JH01:セッション認証のX-Requested-Withヘッダがないとき
      CB_AU01:いずれの認証のヘッダも設定されていないか、セッション認証に失敗してログインできないとき

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

Avatar
cybozu Development team

次の不具合改修、メッセージの修正を追加しました。

●kintone REST API

修正される不具合
[追加]レコードの一括取得APIで、クエリー文字にユーザー選択フィールドの条件にPRIMARY_ORGANIZATION()のみを指定すると優先する組織ユーザーが取得できない不具合

修正されるメッセージ
[追加]クエリー文字列に配列型パラメータを指定できるAPIで、その要素数が上限を超えている
修正前:不正なリクエストです。
修正後:パラメータの数が上限を超えています。

[追加]クエリー文字列に配列型パラメータを指定できるAPIで、添え字が0からの連番でないときのメッセージが不適切なことがある
修正前:不正なリクエストです。
修正後:nullまたは空の文字列が含まれています。

[追加]JavaScript / CSSカスタマイズ設定の変更APIで、desktop.css[].type、desktop.js[].type、mobile.js[].type の"type" を指定しないとエラーになる
修正前:不正なJSON文字列です。
修正後:JS/CSSの種類指定がない。

●kintone JavaScript API

修正される不具合
[追加]レコード追加/編集/一覧のインライン編集の保存実行前イベントで発生したエラーを確認できない不具合
console.log にエラーメッセージが出力されませんでしたが、修正後は出力されるようになります。

Avatar
cybozu Development team

 

次の不具合改修、メッセージの修正を追加しました。
戻り値の要素に関する不具合のため、お知らせができておらず申し訳ありませんでした。

kintone JavaScript API > 修正される不具合

  • [追加]レコード一覧のフィールド要素を取得するAPI(kintone.app.getFieldElements)で、特定の条件下でフィールド要素以外の要素が戻り値に含まれる不具合

 

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk