カテゴリー内の他の記事

kintone スプレッドシートプラグインでExcelライクなUIを試してみよう!

フォローする

(著者:kintone エバンジェリスト 村濱 一樹

kintoneエバンジェリストの村濱です。このDeveloper Networkではいくつか記事を書かせていただいておりますが、
Handsontableを使ってkintoneをExcelライクに入力しよう その1」という記事は思ったよりも反応をいただき、やはりkintoneをExcelのように入力したいというニーズはあるのだとわかりました。
そこで、今回は上記のカスタマイズをプラグイン化した「kintone スプレッドシート」をリリースしました。これで直接JavaScriptを開発せずとも、プラグインをインストールして設定するだけでkintone上でExcelライクな入力が可能になります

kintone スプレッドシートのダウンロード

github上に公開しています。下記から「plugin.zip」をダウンロードしてください。

プラグイン開発のためのサンプルであり、サポート対象外であることをご理解の上、ダウンロードしてください。

https://github.com/mura-/kintone-spreadsheet/releases

※2016/4/1時点で最新はv0.9.0です。

kintone スプレッドシートのインストール

kintoneのシステム画面から、プラグイン設定画面を開き、「読み込む」をクリックしてプラグインを読み込みます。
(kintoneのプラグイン機能の詳細についてはこちらをご覧ください。)

kintone スプレッドシートの設定

プラグインをインストールしたら、任意のアプリで利用することができます。
今回は「Handsontableを使ってkintoneをExcelライクに入力しよう その1」と同様のサンプルアプリで試してみます。

1. カスタマイズビューの設定

スプレッドシート表示のための要素をHTMLで記述します。

<div id="sheet"></div>

カスタマイズビューについての詳細は下記を参照ください。
Tips 第7回 カスタマイズビューを利用してみよう

2. アプリからプラグインの設定をする

アプリの設定画面から、プラグインの設定を行います。
アプリ設定画面を開いて、「詳細設定」>「プラグイン」からプラグイン設定画面を開きます。

プラグイン設定画面にて「プラグインの追加」を押して、「kintone スプレッドシート」を追加してください。

 追加したあとは、下記の歯車マークからプラグインの設定が行えます。

プラグイン設定画面で、カスタマイズビューで設定した要素IDと、スプレッドシートに表示したいフィールドを選択して、保存してください。

注: 「2.1で設定した要素IDを入力してください。」に入力例が表示されていますが、そのままでは動作しないため、必ず入力してください。

これで設定は完了です。

kintone スプレッドシートの使い方

設定したスプレッドシート用のビューを開くと、スプレッドシートが表示されるので、追加、編集、削除ができます。

注意点

まだ、プルダウンやラジオボタンには対応していないので(フリーテキスト入力)、使いやすくなるよう開発は続けていきます。
今回はベータ版の提供となります。他にも足りない機能などはあるかもしれませんが、了承のうえご利用ください。

最後に

いかがでしたでしょうか。よく、kintoneを利用している現場でも、Excelのように一括入力や削除をしたいという声を聞きます。
このプラグインがあればそれが簡単に実現できますので、ぜひお試しください。
また、不具合や改善要望などはGithubのIssueかコメントからご連絡ください。
ソースはGithubに公開しているので、forkして拡張するのも自由ですし、Pull Requestをいただけると嬉しいです。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

Avatar
cybozu Development team

Naeko様

こちらは記事のフィードバック欄になるため、広く見られているコミュニティの方もご活用いただければ幸いです。

ログインしてコメントを残してください。