Google タグマネージャでkintoneのアクセス解析をしてみよう

フォローする

(著者:クローバ株式会社 門屋 亮

はじめに

こんにちは。クローバの門屋です。今回は、kintoneでタグマネージャーを利用して、kintoneのログインユーザーごとのアクセス解析と、発生した各種イベントのトラッキングを行う方法について書いてみたいと思います。

Google タグマネージャとGoogle Analyticsでアクセス解析を行う

Google タグマネージャとは

Google タグマネージャとは、Google アナリティクスやGoogle Adwordsなど、複数のサービスのタグを一元管理するためのツールです。タグマネージャを導入すると、アナリティクス単体では難しかったイベントのトラッキングがより柔軟に行えるようになります。

詳しい機能については、タグマネージャの公式サイトをごらんください。

タグマネージャの導入

1.アカウントの作成

Google タグマネージャの公式サイトから、アカウントを作成します。

 

2.コードの確認

ダイアログにタグマネージャをインストールするコードが表示されます。これはあとで使用しますので、どこかにコピーして保存しておきます(あとで設定画面から参照することもできます)。

 

Google アナリティクスの設定

アナリティクスでkintone のアクセス解析用に、新しいプロパティを作成します。

Google アナリティクス公式サイト


作成すると、トラッキングIDとアナリティクス用のトラッキングコードが生成されますが、タグマネージャを利用する場合、このコードは必要ありません。トラッキングIDはあとで使用しますので、どこかにメモしておいてください。

続いて、ログインユーザーをトラッキングするためのカスタムディメンションを作成します。
カスタムディメンションは、「アナリティクス設定」 > 「プロパティ」 > 「カスタム定義」 > 「カスタムディメンション」から作成できます。

項目
名前 Login User
範囲 ヒット
アクティブ チェック


作成したカスタムディメンションのインデックスはあとで使用します。

タグの作成

ふたたびタグマネージャに戻って設定を行います。

「変数」メニューから、ユーザー定義変数を新規作成します。

 

項目
種類 データレイヤーの変数
データレイヤーの変数名 loginUser

この設定の変数名をloginUserとして保存します。

 

次に、タグの新規作成を行います。以下のように設定を行ってください。

項目
プロダクト Google Analytics
タグの種類 ユニバーサルアナリティクス
トラッキングID アナリティクスで作成したトラッキングID
トラッキングタイプ ページビュー
配信するタイミング All Pages


カスタムディメンションの追加

項目
インデックス 作成したカスタムディメンションのインデックス
ディメンションの値 {{loginUser}}
(値を設定するための+ボタンをクリックし、先ほど作成したデータレイヤー変数の名前を選択します)

kintone の設定

kintoneのJavaScriptカスタマイズで、以下のコードを挿入します。 GTM-XXXXの部分は自分のタグマネージャのものに置き換えてください。

 jQueryも使用しているので、JavaScriptカスタマイズでCDN上にあるjQueryのリンクも参照するようにして下さい。

タグのプレビュー

これで準備は完了です。動作を確認してみましょう。
タグマネージャの右上のメニューから、「プレビュー」を実行します。プレビューの状態で、Chromeでkintoneにアクセスすると、このように各種情報が表示されます。

タグが正常に動作しており、ログインユーザーが取得されていることがわかります。タグを公開すると、アナリティクスにデータ送られ、解析を行うことができるようになります。カスタムディメンションによって、ログインユーザーごとの統計を取ることも可能です。

イベントのフック

kintoneの各種イベントをフックするには、以下のようにコードを修正します。

これでSubmitイベントをフックできるようになりました。フックした情報をタグマネージャに送信できるように、次の設定を行います。

トリガーと新しいタグを作成する

タグマネージャでトリガーを新規作成し、以下のように設定します。

項目
イベント カスタムイベント
イベント名 app_record_create_submit


続いてタグをもうひとつ作成します。手順は先ほどと同じで、最後に「その他の設定」 > 「設定するフィールド」に下記を追加します。

項目
フィールド名 page
フィールドの値 /event/app_record_create_submit
配信するタイミング その他をクリックしてから、先ほど作成したapp_record_create_submitイベントを指定


これでsubmitイベントをアナリティクスに送信する設定が完了しました。

プレビューを更新して確認すると、レコード追加のタイミングでトリガーが発火するのがわかります。アナリティクス側では、このイベントは /event/app_record_create_submit という仮想のページへのアクセスとしてカウントされます。もちろん、このページへのアクセスをコンバージョン目標とすることもできます。





終わりに

いかがだったでしょうか。ちょっと設定が複雑でしたが、慣れるとGoogle アナリティクス単体よりも柔軟な設定ができて解析の幅が広がります。ぜひお試しください。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk