カテゴリー内の他の記事

JBcloud AppExe(JBアドバンスト・テクノロジー株式会社)

フォローする

(著者:JBアドバンスト・テクノロジー株式会社 田口 長英)

始めに

こんにちは。JBアドバンスト・テクノロジーの田口です。
本Tipsでは、iOS / Android の双方でアプリ開発可能な「JBcloud AppExe」でのkintoneとの連携方法をご紹介します。

JBcloud AppExeとは?

JBcloud AppExe はクラウド上でiOSアプリ、Androidアプリをノンプログラミングでの開発を実現します。
従来スマートフォン対応のアプリ作成時に懸念事項となっていた開発期間・費用を抑え、機能や画面レイアウトなどのカスタマイズにも柔軟に対応し、お客様の業務毎に最適な環境を提供します。
JBcloud AppExe側で用意しているkintone用プラグインによりkintoneのデータを使用した自由なUIでモバイルアプリを作成することが可能になります。

また、アプリ上にデータを保持することができる為、kintoneのデータをオフライン活用も実現できます。
また、情報連携ツールQanat2.0との連携により各種DBとkintoneを一つのアプリ上で活用することが可能になります。

JBcloud AppExeに関するさらに詳しい情報・活用法に関しましてはこちらをご覧ください。

活用例

今回は下記のような顧客管理用のkintoneをスマホアプリで参照する方法を紹介します。

レコード一覧画面

JBcloud AppExeの設定について

JBcloud AppExeでは以下のようなGUIを使ってアプリのUIを作成していきます。

テキスト・画像・ボタン・チェックボックス・スイッチ等のWeb部品からカメラ・音声・地図・スライダー・インジケータなどモバイルに特化した部品を用意されておされていますので、
そのアイコンをドラッグ&ドロップするだけで簡単にUIを作成することができます。

またこれらの部品に対してアクションという、動きを持たせることで
ボタンをタップしたら他のページに遷移、計算結果を他の部品に表示、DB操作(選択、挿入、更新、削除)だけでなく
デバイスを経由してGPS情報の取得等も行うことができます。

今回は企業リストから企業を選択する処理を作成しました。
企業リストはkintoneから取得します。
JBcloud AppExeはアプリ上にDBを持つことができるのですが、プラグイン機能を使ってkintoneを外部DBとして利用することができます。
ここでは、kintone上の「顧客管理」というアプリと連携をしております。

こちらの情報を使って企業名をリスト化するUIを作成します。
リストを表示するUIのフォーマットがあるため、こちらを選択し以下のような設定を行うだけで、kintoneのデータを表示することができます。

処理結果

アプリの動きをPC上でエミュレートする機能、プレビューでリスト表示が正常にできていることが確認できました。
実際にアプリをスマートデバイスにテストリリースをして確認をすることも可能です。

まとめ

JBcloud AppExeを使うことでkintoneのデータをスマホなどの限られた画面の中でも必要な情報を見たい形に表示することが可能になります。
また、アプリ上でのデータ保持によるオフライン利用、Qanat2.0との連携で社内データを併せて活用するなど kintoneの活用範囲も広がります。
kintoneアプリストア上にも以下のアプリを掲載させていただいておりますので、併せてご検討ください。
スマホでかんたん安否確認
スマホでかんたん商談報告
現在、JBcloud AppExeに関して評価版をご用意させていただいております。こちらのリンクよりお問い合わせください。

 

 

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk