Zendesk for kintone

フォローする

こちらのプラグインは、2015年9月13日のアップデート以前、kintone製品内の「プラグインストア」にあるZendeskプラグインと同じ機能をもったプラグインです。
(一部デザインの変更をしています。)

概要

Zendesk Inc. の提供するサービス「Zendesk」を利用している方向けのプラグインです。 Zendesk の詳細はこちら

アプリに Zendesk for kintone プラグインを追加すれば、レコードに Zendesk で管理している問い合わせ(チケット)を表示できます。アプリの指定したフィールドの値をキーワードにチケットが検索され、検索条件に一致するチケットがレコードに表示されます。

たとえば、 kintone のアプリで顧客情報を管理していれば、顧客名のフィールドを検索キーワードに指定することで、顧客から受けた問い合わせをレコードに表示できます。

検索対象には、チケットの次の情報を指定できます。

  • リクエスタ
  • 担当者
  • タグ

※スマートフォンでは、チケットの閲覧ができません。
※Zendesk の制約により、リクエスタや担当者の名称を変更した際に、リクエスタや担当者に関連するチケットが新しい名称で検索できないことがあります。チケットが終了していない場合、チケットの内容を更新することで検索できるようになります。

Zendesk for kintone を利用する

STEP1:フォームを設定する

アプリのフォームを設定します。次の2つのフィールドを配置します。

  • 検索キーワードにするフィールド
    チケットの検索キーワードとして使用するフィールドを配置します。次の種類のフィールドを使用できます。
    ・文字列(1行)フィールド
    ・リンクフィールド
    ・レコード番号

     

    ※レコード番号を検索キーワードにする場合、アプリにアプリコードを設定していると、アプリコードを含めた番号が検索キーワードになります。
    ※テーブルに設定したフィールドは使用できません。

  • チケットを表示するフィールド
    チケットを表示する場所に、「スペース」フィールドを配置します。
    配置したフィールドには、任意の「要素ID」を指定する必要があります。

ほかのフィールドの配置は任意です。

STEP2: アプリにプラグインを追加する

アプリに Zendesk for kintone プラグインを追加します。プラグインの追加方法は、kintone ヘルプを参照してください。
プラグインを追加する

STEP3: プラグインを設定する

STEP2で追加したプラグインに、必要な設定を行います。

1. アプリ管理画面の「詳細設定」>「プラグイン」を開き、Zendesk for kintone プラグインの歯車マークをクリックします。

2. 各項目を指定します。

  • Zendesk Domain Name
    ご利用の Zendesk のサブドメイン名を指定します。
  • OAuth Client
    Zendesk で取得した、OAuth の「一意のID」と「シークレット」を入力します。
    Zendesk での OAuth クライアントの設定は、Zendesk のヘルプ(英語)を参照してください。
    「リダイレクト URL」には次の URL を指定します。
     https://oauth.cybozu.com/redirect
  • Fetch Criteria
    ・kintone Field
     検索キーワードにするフィールドを選択します。
    ・Zendesk Ticket Property
     検索対象を選択します。
  • Filter
    表示するチケットをさらに絞り込む場合に、絞り込み条件を指定します。
  • Zendesk Ticket Placeholder on kintone
    STEP1でフォームに配置した「スペース」フィールド(チケットを表示するフィールド)の「要素ID」を指定します。

3. [Save]をクリックします。

4. 「アプリの設定」画面で[設定完了]をクリックすると、プラグインの設定がアプリに反映されます。

 

以下エラーが表示された場合は、エラーのリンクをクリックし表示されたzendeskの画面でログイン処理を行ってください。

サンプルプラグイン

zendesk_plugin.zip

更新履歴

2015/09/04 v5 を公開しました

注意事項

  • サンプルプラグインは、その動作を保証するものではありません。
  • サンプルプラグインの技術的なサポート等は行っていません。
  • 本プラグイン内では、一部の処理にDOM操作を含んでいます。アップデートの影響をうける可能性がある実装となっており、参考にする際はご注意ください。

※kintoneプラグインはスタンダードコースでのみご利用いただけます。ライトコースではご利用いただけませんのでご注意ください。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk