カテゴリー内の他の記事

kintone devCamp Vol.6

フォローする

kintone devCamp とは?

"kintone devCamp" とは、kintone界隈のdeveloper同士で会場に出向き、 kintoneに触れあい、共に学んでいくCybozu主催のdeveloper向け勉強会です。
kintoneカスタマイズ初心者~上級者の方向けにcybozu.com developer network内の コンテンツを中心としたテーマで開催していきます。

kintone devCamp Vol.6

主催

サイボウズ(cybozu.com developer network)

日時

2015/9/16(水) 14:30~18:00
※受付 14:00~14:30

場所

サイボウズ 大阪オフィス
大阪府大阪市淀川区宮原2-14-4 MF新大阪ビル4F 地図はこちら

参加費

無料

定員

12名

対象

初心者向けではありません。
具体的には以下の内容を把握いただいている前提で進行します。

持ち物

  • ノートPC
  • Chromeブラウザ(勉強会で利用するブラウザです)
  • テキストエディタ
    ※お馴染みのIDE環境でも構いません。
  • モバイルルーター
    ※会場内に予備のモバイルルーターはございません。必ずお持ちいただくようお願い致します。
  • kintone環境(事前に試用申し込み、開発者ライセンスの取得をお願いします)
    ※開発者ライセンスの発行には、2-3日かかる場合があります

アジェンダ

在庫管理をテーマに、ハンズオン形式で kintone REST API や kintone.Promise オブジェクトの使い方を学びます。

  1. [在庫確認] REST API を使った JavaScript カスタマイズの方法
    販売管理アプリの画面から別アプリ(在庫管理アプリ)へ在庫数の確認を行います。

  2. [在庫引当] REST API でデータ更新する際に楽観的ロックを実現する方法
    販売管理アプリの画面から別アプリ(在庫管理アプリ)へ在庫数の更新を行います。

  3. [出荷処理] kintone.Promise オブジェクトを使った非同期処理
    販売管理アプリで出荷処理を行なう際に併せて、複数の別アプリ(入出荷管理アプリと在庫管理アプリ)へのデータ更新を行います。

  4. 質疑応答

※アジェンダの内容、全体の時間は進行に応じて変更する場合があります。

申込みページ

ご好評につき定員に達したため受付を停止しました。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk