2015/06/14 の定期メンテナンスにおけるアップデート情報

フォローする

2014年6月14日の定期メンテナンスの、Garoon API及びUser APIに関する追加機能、変更情報をお知らせします。

Garoon API

追加した機能

  • APIのバージョンに1.5.0を追加。

  • 施設承認の機能追加に対応して、次のAPIを追加。
    • ScheduleGetFacilityProfilesById
    • ScheduleGetFacilityProfileVersions
  • 施設承認の機能追加に対応して、 FacilityProfileTypeのデータ型を追加。

  • 施設承認の機能追加に対応して、EventTypeのデータ型に@facility_using_purposeのパラメータを追加。
    • 施設の承認を必須にした施設の予定をAPIで追加・変更するときにfacility_using_purposeのパラメータがない、もしくはfacility_using_purposeに値がない場合、APIの実行はエラーになります。
  • 施設承認の機能追加に対応して、以下のAPIとデータ型のパラメータ@module_idに施設の利用申請のアプリケーションIDを追加。
    • NotificationGetNotificationVersions
    • NotificationGetNotificationHistoryVersions
    • NotificationType
    • NotificationIdType
  • 施設承認の機能追加に対応して、NotificationIdTypeのデータ型のパラメータ@itemに施設の利用申請のアプリケーションIDを追加。

  • 出欠確認の機能追加に対応して、ScheduleSystemProfileTypeのレスポンスに@allow_file_attachmentと@allow_attendance_checkのパラメータを追加。

  • メールアカウントの登録、削除の許可の設定の機能追加に対応して、UserAuthoritiesTypeのデータ型に@allow_account_all_permissionのパラメータを追加。

User API

変更対象のAPI

変更された仕様

  • JSONの形式がRFC4627に準拠します。RFC4627の形式に沿わない文字列を送信した場合、以下のようなレスポンスが返されます。
    {"message":"不正なJSON文字列です。","id":"1505999166-1126250715","code":"CB_IJ01"} 
  • 変更によりエラーになるJSONのサンプル
    //末尾に余計な","を含む
    {"ids":[1,2],}
    
    //キー、またはバリューの文字列をシングルクォートで囲む
    {'ids':[1,2],'size':'1'}
    
    //Cスタイルの複数行コメント(/**/)、またはC++スタイルの行コメント(//)を含む
    {"ids":[1,2]/*comment*/}

変更されたエラーコード

リクエストボディを空で送信したの場合のエラーコードが変更されます。

改修前

CB_IJ01

エラーレスポンスの例:
{"message":"不正なJSON文字列です。","id":"1505999166-1143839730","code":"CB_IJ01"}
改修後

CB_IL02

エラーレスポンスの例:
{"message":"不正なJSON文字列です。","id":"1505999166-1143839730","code":"CB_IL02"}

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk