2016/01/10 の定期メンテナンスにおけるkintone API更新情報 Part2

フォローする

2016年1月10日の定期メンテナンスの、kintone APIの更新に関する情報をお知らせします。

本アップデートは2015年12月13日に予定しておりましたが、「kintone on cybozu.com」のリリースが延期となった影響で、
2016年1月10日のアップデート後での更新に変更されています。

kintone REST API

変更される仕様

  • REST APIのURLの拡張子は小文字だけしか対応しなくなります。
    例として、12月のアップデート後はGET/k/v1/apps.JSON を呼ぶと、404エラーが返るようになります(現状では200が返ります)。
    エラーが返らないようにするためには小文字で /k/v1/apps.json を呼ぶように変更をお願いします。

  • ユーザーの言語設定が「ブラウザに従う」になっている場合に、Accept-Languageヘッダーがないとき、出力するメッセージ(APIのエラーなど)はcybozu.com共通管理の「ローカライズの設定」の「言語」に設定されている言語になります。
    アップデート前は、出力するメッセージは日本語のみです。
    ※12月のアップデートで、cybozu.com共通管理に「ローカライズの設定」の「言語」を設定(ja,en,zh)する機能が追加されます。
    ※日本国内のお客様は原則デフォルトで「ローカライズの設定」の「言語」が「ja」になります

  • 日時のフォーマットの仕様が変更されます。
    アップデート前
    フィールドタイプフォーマット説明
    日時 取得時 YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ
    • 「YYYY-MM-DD」と「HH:MM:SS」の間の「T」は固定値です。
    • 「HH:MM:SS」の後ろの「Z」は固定値です。
    • 取得時の「Z」はUTCを表します。一覧の取得APIでは日時はUTCで出力されます。
    • 日本時間(JST)の2012年3月22日14時00分は次のように表せます。
      例)「2012-03-22T05:00:00Z」
    登録・更新時 YYYY-MM-DDTHH:MM:SS±HH:MM
    または YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ
    • 「YYYY-MM-DD」と「HH:MM:SS」の間の「T」は固定値です。
    • 「HH:MM:SS」の後ろの「Z」は固定値です。
    • 登録・更新時の「±HH:MM」には、UTCとの時刻の差を指定します。
    • 日本時間(JST)の2012年3月22日14時17分は次のように表せます。
      • 例1)「2012-03-22T14:17:00+09:00」
      • 例2)「2012-03-22T05:17:00Z」

    アップデート後
    フィールドタイプフォーマット説明
    日時 取得時 YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ
    • 「YYYY-MM-DD」と「HH:MM:SS」の間の「T」は固定値です。
    • 「HH:MM:SS」の後ろの「Z」は固定値です。
    • 取得時の「Z」はUTCを表します。一覧の取得APIでは日時はUTCで出力されます。
    • 日本時間(JST)の2012年3月22日14時00分は次のように表せます。
      例)「2012-03-22T05:00:00Z」
    • 「T」以降を省略した場合、UTCとして扱われます。
    登録・更新時 YYYY-MM-DDTHH:MM:SS±HH:MM
    または YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ
    • 「YYYY-MM-DD」と「HH:MM:SS」の間の「T」は固定値です。
    • 「HH:MM:SS」の後ろの「Z」は固定値です。
    • 登録・更新時の「±HH:MM」には、UTCとの時刻の差を指定します。
    • 日本時間(JST)の2012年3月22日14時17分は次のように表せます。
      • 例1)「2012-03-22T14:17:00+09:00」
      • 例2)「2012-03-22T05:17:00Z」
    • 「T」以降を省略した場合、UTCとして扱われます。

修正される不具合

  • URL上にappパラメータを付加し、ボディにもappを指定している場合、URL上のパラメータが優先される。
    改修後は、ボディのappが優先されます。
    具体的な例として、レコードの登録APIでURLパラメータに app=1 を指定し、ボディに下記の内容を指定したとします。
    {
      "app": 2,
      "record": {
        "hoge": {"value": 123}
      }
    }
    
    12月のアップデート前は、app=1hoge=123 のレコードが登録されますが、
    アップデート後はボディの情報が優先され、app=2hoge=123 のレコードが登録されます。

  • 「次のキーワードを含む/含まない」を設定した関連レコード一覧(「さらに絞り込む条件」で文字列系のフィールドを指定すると選択出来るドロップダウン)があるとレコードの取得APIで不正なリクエストが発生する。
    改修後は正常にレコードが取得出来るようになります。

  • レコードのアクセス権の取得APIを使用した際に、取得した値の順番がレコードのアクセス権の画面で設定した「ユーザー/組織/グループ」の順番と異なる。
    改修後はレコードのアクセス権の画面に表示されている順番と同じになります。

  • 2012年10月以前に作成し、フォームの設定を一度も更新していないアプリに対してフィールドの一覧取得APIを実行すると不正なリクエストになる。
    改修後はエラーが発生せず、フィールドの一覧を取得できる。

  • ゲストユーザーの一括追加APIでパスワードに64文字を超える長さの文字列が設定できる。
    改修後は64文字を超える長さのパスワードは設定できず「3文字以上、64文字以下である必要があります。 」のエラーメッセージが返ってきます。

  • 言語設定が「Webブラウザに従う」に設定されてる際、テスト環境にアプリを作成するAPIでアプリを新規作成すると組み込みフィールド(レコード番号、作成者、更新者、作成日時、更新日時)の名前とフィールドコードが日本語になる。
    改修後は言語設定が「Webブラウザに従う」に設定されてる際、APIでアプリを新規作成すると組み込みフィールドの名前とフィールドコードがリージョンに対応した言語になります。

修正されるエラーメッセージ

  • REST APIのクエリに関連レコード一覧以外のフィールドで関連レコード一覧記法を使ったときのエラー内容が変更されます
    • 改修前:指定されたフィールド<フィールド名>が見つかりません。
    • 改修後:クエリの指定が不正です。関連レコード一覧でないフィールド<フィールド名>では関連レコード一覧記法を利用できません。 フィールド<フィールド名>に指定したクエリが正しくありません。指定したクエリは、関連レコード一覧フィールドでのみ使用できます。

  • レコードのアクセス権に設定したフィールドをフォームの設定の変更APIで削除した際のエラー内容が変更されます
    • 改修前:条件が重複しています。
    • 改修後:フィールドを削除できません。削除しようとしているフィールドを条件にしたレコードのアクセス権が設定されています。

  • レコード一括削除APIでidsを101件以上指定した際のエラー内容が変更されます
    • 改修前:不正なリクエストです。
    • 改修後:一度に1件から100件までのレコードを削除できます。
      ※257件以上のレコードを指定した場合、「不正なリクエストです」のエラーが返ってきます

kintone JavaScript API

修正されるエラーメッセージ

User API

新規追加されるAPI

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk