2015/07/12の定期メンテナンスにおけるkintone API更新の事前情報(2回目)

フォローする

2015年7月12日の定期メンテナンスの、kintone API の更新に関する情報(2回目)をお知らせします。
1回目の事前情報は こちら になります。

kintone JavaScript API

機能が追加されるAPI

下記のイベントで、指定可能なフィールドにテーブルが追加されました。これにより、テーブルの行追加・削除ボタンクリック時のイベントを取得できるようになります。

不具合が改修されるAPI

下記の対象のAPIとイベントで、ドロップダウンフィールドの削除済みの選択肢をレコードに設定しようとするとエラーが発生する。
改修後は以下のような挙動になります。

  • 削除されていない選択肢は設定できる
  • 削除された選択肢のうちレコードに保存済みの選択肢は設定できる
  • 削除された選択肢のうちレコードに保存されていない選択肢は設定できない
  • 存在しない選択肢は設定できない

対象のAPI

対象のイベント

kintone REST API

変更される仕様

  • 日付のフォーマット の仕様が変更されます。
    変更前
    フィールドタイプ フォーマット 説明
    日付 YYYY-MM-DD UTCに変換されません。
    変更後
    フィールドタイプ フォーマット 説明
    日付 YYYY-MM-DD

    UTCに変換されません。

    以下のような形式の入力を受け付けます。
     * 2015
     * 2015-07
     * 2015-7
     * 2015-7-5

    月日を省略した場合は01で補完されます。
     * 2015 -> 2015-01-01
     * 2015-07 -> 2015-07-01
     * 2015-7 -> 2015-07-01
     * 2015-7-5 -> 2015-07-05

  • フィールドを削除する APIで指定できるフィールド数の上限が100件に設定されました。
  • フィールドを削除する APIでパラメータをクエリ文字列で送信できるようになりました。

改修される不具合

API スキーマ情報の取得 で、以下のAPIのスキーマ情報に誤りがあったため改修されます。

  • /k/v1/apis/record/put.json (レコードの更新API)
    改修前

    "request": {
        "properties": {
            "required": [
                "id",
                "record",
                "app"
            ]
        }
    }

    改修後

    ※"record"は必須パラメータではないため削除されます。

    "request": {
        "properties": {
            "required": [
                "id",
                "app"
            ]
        }
    }

  • /k/v1/apis/records/put.json (レコードの一括更新API)
    改修前 schemas:{
        "RecordForm": {
            "required": [
                "id",
                "record"
            ]
        }
    }
    改修後

    ※"record"は必須パラメータではないため削除されます。

    schemas:{
        "RecordForm": {
            "required": [
                "id"
            ]
        }
    }

  • /k/v1/apis/bulkRequest/post.json (複数アプリへのレコード一括処理API)
    改修前 schemas:{
        "RecordForm": {
            "required": [
                "id",
                "record"
            ]
        },
        "RecordPutForm": {
            "required": [
                "id",
                "record",
                "app"
            ]
        }
    }
    改修後

    ※"record"は必須パラメータではないため削除されます。

    schemas:{
        "RecordForm": {
            "required": [
                "id"
            ]
        },
        "RecordPutForm": {
            "required": [
                "id",
                "app"
            ]
        }
    }

追加された制限事項

変更されるエラーメッセージ

  • APIトークンでルックアップフィールドの値を編集した際のエラー
    改修前 {
        "message": "フィールド「ルックアップ」の値「<指定した値>」が、ルックアップの参照先のフィールドに存在しません。",
        id": "1505999166-1260595130",
        "code": "GAIA_LO03"
    }
    改修後

    {
        "message":"APIトークンを使用する場合、ルックアップフィールドを編集できません。",
        "id":"1505999166-679475063",
        "code":"GAIA_AT01"
    }

  • フィールドのアクセス権の更新APIでテーブルを指定した際のエラー
    改修前 {
        "message": "指定されたフィールド(code: Table)が見つかりません。",
        id": "1505999166-1260595130",
        "code": "GAIA_FC01"
    }
    改修後

    {
        "message":"テーブル内のフィールド(code: Table)にはアクセス権を設定できません。",
        "id":"1505999166-679475063",
        "code":"GAIA_AD02"
    }

  • 1回目の事前情報 に掲載された「変更されるエラーメッセージ」に一部誤りが存在したため、正しいエラーメッセージに修正しました。恐れ入りますが、今一度変更されるエラーメッセージのご確認をお願いいたします。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk