カテゴリー内の他の記事

2015/06/14 の定期メンテナンスにおけるGaroon APIの事前情報

2015年6月14日の定期メンテナンスのGaroon APIに関する情報をお知らせします。  

Garoon API

追加される機能

  • APIのバージョンに1.5.0を追加。

  • 施設承認の機能追加に対応して、次のAPIを追加。
    • ScheduleGetFacilityProfilesById
    • ScheduleGetFacilityProfileVersions
  • 施設承認の機能追加に対応して、 FacilityProfileTypeのデータ型を追加。

  • 施設承認の機能追加に対応して、EventTypeのデータ型に@facility_using_purposeのパラメータを追加。
    • 施設の承認を必須にした施設の予定をAPIで追加・変更するときにfacility_using_purposeのパラメータがない、もしくはfacility_using_purposeに値がない場合、APIの実行はエラーになります。
  • 施設承認の機能追加に対応して、以下のAPIとデータ型のパラメータ@module_idに施設の利用申請のアプリケーションIDを追加。
    • NotificationGetNotificationVersions
    • NotificationGetNotificationHistoryVersions
    • NotificationType
    • NotificationIdType
  • 施設承認の機能追加に対応して、NotificationIdTypeのデータ型のパラメータ@itemに施設の利用申請のアプリケーションIDを追加。

  • 出欠確認の機能追加に対応して、ScheduleSystemProfileTypeのレスポンスに@allow_file_attachmentと@allow_attendance_checkのパラメータを追加。

  • メールアカウントの登録、削除の許可の設定の機能追加に対応して、UserAuthoritiesTypeのデータ型に@allow_account_all_permissionのパラメータを追加。

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

ログインしてコメントを残してください。