フォームの設定の変更

フォローする

アプリのフォームの設定を変更します。
フォームの設定の変更には、次の操作ごとに異なるAPIを使用します。

フィールドを追加する

フォームにフィールドを追加します。

URI

https://(サブドメイン名).cybozu.com/k/v1/preview/app/form/fields.json

ゲストスペースのアプリの場合:https://(サブドメイン名).cybozu.com/k/guest/(スペースのID)/v1/preview/app/form/fields.json

HTTPメソッド

POST

アクセス権

  • アプリに管理権限が必要です。
  • このAPIの実行には、APIトークンは使用できません。

リクエスト

パラメータ

パラメータ名 指定する値 必須 説明
app 数値 必須 アプリのIDを指定します。
properties オブジェクト 必須 フィールドの設定を表すオブジェクトです。
properties.(フィールドコード) オブジェクト 必須 各フィールドの設定を表すオブジェクトです。「(フィールドコード)」には追加するフィールドのフィールドコードを指定します。
使用できる文字の制限については、kintoneヘルプを参照してください。
properties.(フィールドコード).type 文字列 必須 フィールドの種類を指定します。
  • グループ:GROUP
  • グループ選択:GROUP_SELECT
  • チェックボックス:CHECK_BOX
  • テーブル:SUBTABLE
  • ドロップダウン:DROP_DOWN
  • ユーザー選択:USER_SELECT
  • ラジオボタン:RADIO_BUTTON
  • リッチエディター:RICH_TEXT
  • リンク:LINK
  • ルックアップ:SINGLE_LINE_TEXT、またはNUMBER *
  • 関連レコード一覧:REFERENCE_TABLE
  • 計算:CALC
  • 時刻:TIME
  • 数値:NUMBER
  • 組織選択:ORGANIZATION_SELECT
  • 添付ファイル:FILE
  • 日時:DATETIME
  • 日付:DATE
  • 複数選択:MULTI_SELECT
  • 文字列(1行):SINGLE_LINE_TEXT
  • 文字列(複数行):MULTI_LINE_TEXT
*:参照先のフィールドの種類を指定します。
properties.(フィールドコード).code 文字列 必須 フィールドコードを指定します。「properties.(フィールドコード)」のキー名と同じ値を指定します。
properties.(フィールドコード).label 文字列 条件必須 フィールド名を指定します。テーブルでは、このパラメータの指定は不要です。
properties.(フィールドコード).noLabel 真偽値   フィールド名を非表示にするかどうかを指定します。
  • 非表示にする場合:true
  • 表示する場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).required 真偽値   入力が必須かどうかを指定します。
  • 必須の場合:true
  • 任意の場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).unique 真偽値   重複を禁止するかどうかを指定します。
  • 重複を禁止する場合:true
  • 重複を許可する場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).maxValue 数値   最大値を指定します。
properties.(フィールドコード).minValue 数値   最小値を指定します。
properties.(フィールドコード).maxLength 数値   最大文字数を指定します。
properties.(フィールドコード).minLength 数値   最小文字数を指定します。
properties.(フィールドコード).defaultValue 文字列または配列  

初期値を指定します。複数の初期値を設定できるフィールドでは、配列形式で指定します。
「defaultNowValue」パラメータを指定した場合、「defaultNowValue」パラメータの指定が優先されます。
ユーザー選択、グループ選択、組織選択フィールドの場合codeとtypeを持つオブジェクトの配列を指定します。

properties.(フィールドコード).defaultValue[].type 文字列 条件必須
ユーザー選択、グループ選択、組織選択フィールドの場合の初期値の種類を指定します。
「defaultValue」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
 ・ユーザーの場合:USER
 ・グループの場合:GROUP
 ・組織の場合:ORGANIZATION
 ・関数の場合:FUNCTION
properties.(フィールドコード).defaultValue[].code 文字列 条件必須

ユーザー選択、グループ選択、組織選択フィールドの場合の初期値のコードを指定します。「defaultValue」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。

▼ユーザー選択フィールドの場合
 ユーザーのログイン名、グループのコード、組織のコード、関数名のいずれかを指定します。
 関数名にはログインユーザーを指定する関数「LOGINUSER()」のみ指定できます。
 ゲストスペースのアプリでは、ユーザー、グループ、関数名のみ指定できます。

▼グループ選択フィールドの場合
 グループのコードを指定します。

▼組織選択フィールドの場合
 組織のコード、関数名を指定します。
 関数名にはログインユーザーの優先する組織を指定する関数「PRIMARY_ORGANIZATION()」のみ指定できます。

※削除済みや無効なユーザー、グループ、組織コードは指定することはできません。

properties.(フィールドコード).defaultNowValue 文字列   レコード登録時の日時を初期値にするかどうかを指定します。
  • レコード登録時の日時を初期値にする場合:true
  • レコード登録時の日時を初期値にしない場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).options オブジェクト 条件必須 選択肢の設定を表すオブジェクトです。ラジオボタンなど、選択肢を指定できるフィールドでは、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).options.(選択肢名) オブジェクト 条件必須 各選択肢の設定を表すオブジェクトです。「(選択肢名)」には追加する選択肢の選択肢名を指定します。
「options」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).options.(選択肢名).label 文字列 条件必須 選択肢名を指定します。「properties.(フィールドコード).options.(選択肢名)」のキー名と同じ値を指定します。
「options」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).options.(選択肢名).index 数値 条件必須 選択肢の順番を数値で指定します。指定した数値の昇順で選択肢が並びます。
「options」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).align 文字列   選択肢の並びを指定します。
  • 横にする場合(初期設定):HORIZONTAL
  • 縦にする場合:VERTICAL
properties.(フィールドコード).expression 文字列 条件必須 自動計算式を指定します。計算フィールドでは、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).hideExpression 真偽値   計算フィールドの計算式を非表示にするかどうかを指定します。
  • 非表示にする場合:true
  • 表示する場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).digit 真偽値   数字の桁区切りを表示するかどうかを指定します。
  • 表示する場合:true
  • 表示しない場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).thumbnailSize 数値   ピクセル単位でのサムネイル画像の大きさを、50, 150, 250, 500のいずれかで指定します。
properties.(フィールドコード).protocol 文字列 条件必須 リンクの種類を指定します。リンクフィールドでは、このパラメータは必須です。
  • Webサイトの場合:WEB
  • 電話番号の場合:CALL
  • メールアドレスの場合:MAIL
properties.(フィールドコード).format 文字列   計算フィールドの表示形式を指定します。
  • 数値(例:1000):NUMBER(初期設定)
  • 数値(例:1,000):NUMBER_DIGIT
  • 日時(例:2012-08-06 2:03):DATETIME
  • 日付(例:2012-08-06):DATE
  • 時刻(例:2:03):TIME
  • 時間(例:26時間3分):HOUR_MINUTE
  • 時間(例:1日2時間3分):DAY_HOUR_MINUTE
properties.(フィールドコード).displayScale 数値   小数点以下の表示桁数を指定します。
properties.(フィールドコード).unit 文字列   単位記号を指定します。
properties.(フィールドコード).unitPosition 文字列   単位記号の表示位置を指定します。
  • フィールドの前に付ける場合(初期設定):BEFORE
  • フィールドの後ろに付ける場合:AFTER
properties.(フィールドコード).entities 配列   ユーザー選択、組織選択、グループ選択フィールドの選択肢を指定します。
properties.(フィールドコード).entities[].type 文字列 条件必須 選択肢の種類を指定します。「entities」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
  • ユーザーの場合:USER
  • グループの場合:GROUP
  • 組織の場合:ORGANIZATION
properties.(フィールドコード).entities[].code 文字列 条件必須 選択肢のコードを指定します。「entities」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。

▼ユーザー選択フィールドの場合
 ユーザーのログイン名、グループのコード、組織のコードのいずれかを指定します。
 ゲストスペースのアプリでは、ユーザーかグループのみ指定できます。

▼グループ選択フィールドの場合
 グループのコードを指定します。

▼組織選択フィールドの場合
 組織のコードを指定します。

※削除済みや無効なユーザー、グループ、組織コードおよび関数は指定することはできません。

properties.(フィールドコード).referenceTable オブジェクト 条件必須 関連レコード一覧フィールドの設定を表すオブジェクトです。関連レコード一覧フィールドでは、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).referenceTable.relatedApp オブジェクト 条件必須 「参照するアプリ」の設定を表すオブジェクトです。
「referenceTable」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).referenceTable.relatedApp.app 数値 条件必須 「参照するアプリ」に指定するアプリのIDを指定します。「properties.(フィールドコード).referenceTable.relatedApp.code」パラメータを指定した場合、そちらのパラメータでの指定が優先されます。
「referenceTable」パラメータを指定する場合、参照するアプリID又は参照するアプリコードのどちらかは必須となります。
properties.(フィールドコード).referenceTable.relatedApp.code 文字列 条件必須 「参照するアプリ」に指定するアプリのコードを指定します。
「referenceTable」パラメータを指定する場合、参照するアプリID又は参照するアプリコードのどちらかは必須となります。
properties.(フィールドコード).referenceTable.condition オブジェクト 条件必須 「表示するレコードの条件」の設定を表すオブジェクトです。
「referenceTable」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).referenceTable.condition.field 文字列 条件必須 「表示するレコードの条件」に指定する、関連レコード一覧フィールドと同じアプリのフィールドのコードを指定します。
「referenceTable」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).referenceTable.condition.relatedField 文字列 条件必須 「表示するレコードの条件」に指定する、関連レコード一覧フィールドが参照するアプリのフィールドのコードを指定します。
「referenceTable」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).referenceTable.fliterCond 文字列   「さらに絞り込む条件」の設定をクエリ形式で指定します。クエリ形式については、次のページを参照してください。
レコードの一括取得(クエリで条件を指定)
properties.(フィールドコード).referenceTable.displayFields 配列 条件必須 「表示するフィールド」に指定するフィールドを、フィールドコードの配列で指定します。
「referenceTable」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).referenceTable.sort 文字列   レコードのソートの設定をクエリ形式で指定します。クエリ形式については、次のページを参照してください。
レコードの一括取得(クエリで条件を指定)
properties.(フィールドコード).referenceTable.size 数値   一度に表示する最大レコード数を、5, 10, 20, 30のいずれかで指定します。パラメータを省略すると、5が指定されます。
properties.(フィールドコード).lookup オブジェクト   ルックアップフィールドの設定を表すオブジェクトです。ルックアップフィールドでは、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).lookup.relatedApp オブジェクト 条件必須 「関連付けるアプリ」の設定を表すオブジェクトです。
「lookup」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).lookup.relatedApp.app 数値 条件必須 関連付けるアプリのIDを指定します。「properties.(フィールドコード).lookup.relatedApp.code」パラメータを指定した場合、そちらのパラメータでの指定が優先されます。
「lookup」パラメータを指定する場合、参照するアプリID又は参照するアプリコードのどちらかは必須となります。
properties.(フィールドコード).lookup.relatedApp.code 文字列 条件必須 関連付けるアプリのコードを指定します。
「lookup」パラメータを指定する場合、参照するアプリID又は参照するアプリコードのどちらかは必須となります。
properties.(フィールドコード).lookup.relatedKeyField 文字列 条件必須 「コピー元のフィールド」に指定するフィールドのコードを指定します。
「lookup」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).lookup.fieldMappings 配列   「ほかのフィールドのコピー」の設定を表す配列です。
properties.(フィールドコード).lookup.fieldMappings[].field 文字列 条件必須 「ほかのフィールドのコピー」のコピー先に指定するフィールドのコードを指定します。
「lookup.fieldMappings」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).lookup.fieldMappings[].relatedField 文字列 条件必須 「ほかのフィールドのコピー」のコピー元に指定するフィールドのコードを指定します。
「lookup.fieldMappings」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).lookup.lookupPickerFields 配列   「コピー元のレコードの選択時に表示するフィールド」の設定を、フィールドコードの配列で指定します。
properties.(フィールドコード).lookup.filterCond 文字列   絞り込みの初期設定をクエリ形式で指定します。クエリ形式については、次のページを参照してください。
レコードの一括取得(クエリで条件を指定)
properties.(フィールドコード).lookup.sort 文字列   ソートの初期設定をクエリ形式で指定します。クエリ形式については、次のページを参照してください。
レコードの一括取得(クエリで条件を指定)
properties.(フィールドコード).openGroup 真偽値   グループ内のフィールドを表示するかどうかを指定します。
  • 表示する場合:true
  • 非表示にする場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).fields オブジェクト   テーブル内のフィールドを指定します。パラメータは、「properties」パラメータと同じです。テーブルを設定する場合、このパラメータは必須です。
revision 数値   アプリの設定を変更する前のリビジョン番号を指定します。指定したリビジョンが最新ではない場合、リクエストはエラーになります。
指定を省略、または「-1」を指定すると、リビジョンはチェックされません。
 
次のフィールドは、追加も設定の変更もできません。
  • ステータス
  • 作業者
  • カテゴリー

リクエストの例

ヘッダ

POST /k/v1/preview/app/form/fields.json HTTP/1.1
Host: example.cybozu.com:443
X-Cybozu-Authorization: QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
Authorization: Basic QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
Content-Type: application/json

ボディ

レスポンス

パラメータ

パラメータ名 値の種類 説明
revision 文字列 アプリの設定を変更したあとのリビジョン番号です。

レスポンスの例

フィールドの設定を変更する

フォームに配置したフィールドの設定を変更します。

URI

https://(サブドメイン名).cybozu.com/k/v1/preview/app/form/fields.json

ゲストスペースのアプリの場合:https://(サブドメイン名).cybozu.com/k/guest/(スペースのID)/v1/preview/app/form/fields.json

HTTPメソッド

PUT

アクセス権

  • アプリに管理権限が必要です。
  • このAPIの実行には、APIトークンは使用できません。

リクエスト

パラメータ

指定するパラメータの一覧です。省略したパラメータの設定は変更されません。

パラメータ名 指定する値 必須 説明
app 数値 必須 アプリのIDを指定します。
properties オブジェクト 必須 フィールドの設定を表すオブジェクトです。
properties.(フィールドコード) オブジェクト   各フィールドの設定を表すオブジェクトです。「(フィールドコード)」には更新前のフィールドコードを指定します。
フィールドコードを変更したい場合は「properties.(フィールドコード).code」に、更新後のフィールドコードを指定します。
properties.(フィールドコード).type 文字列 必須 フィールドの種類を指定します。
  • グループ:GROUP
  • グループ選択:GROUP_SELECT
  • チェックボックス:CHECK_BOX
  • テーブル:SUBTABLE
  • ドロップダウン:DROP_DOWN
  • ユーザー選択:USER_SELECT
  • ラジオボタン:RADIO_BUTTON
  • リッチエディター:RICH_TEXT
  • リンク:LINK
  • ルックアップ:SINGLE_LINE_TEXT、またはNUMBER *
  • レコード番号:RECORD_NUMBER
  • 関連レコード一覧:REFERENCE_TABLE
  • 計算:CALC
  • 更新者:MODIFIER
  • 更新日時:UPDATED_TIME
  • 作成者:CREATOR
  • 作成日時:CREATED_TIME
  • 時刻:TIME
  • 数値:NUMBER
  • 組織選択:ORGANIZATION_SELECT
  • 添付ファイル:FILE
  • 日時:DATETIME
  • 日付:DATE
  • 複数選択:MULTI_SELECT
  • 文字列(1行):SINGLE_LINE_TEXT
  • 文字列(複数行):MULTI_LINE_TEXT
*:参照先のフィールドの種類を指定します。
properties.(フィールドコード).code 文字列   フィールドコードを指定します。
使用できる文字の制限については、kintoneヘルプを参照してください。
properties.(フィールドコード).label 文字列   フィールド名を指定します。
properties.(フィールドコード).noLabel 真偽値   フィールド名を非表示にするかどうかを指定します。
  • 非表示にする場合:true
  • 表示する場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).required 真偽値   入力が必須かどうかを指定します。
  • 必須の場合:true
  • 任意の場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).unique 真偽値   重複を禁止するかどうかを指定します。
  • 重複を禁止する場合:true
  • 重複を許可する場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).maxValue 数値   最大値を指定します。
properties.(フィールドコード).minValue 数値   最小値を指定します。
properties.(フィールドコード).maxLength 数値   最大文字数を指定します。
properties.(フィールドコード).minLength 数値   最小文字数を指定します。
properties.(フィールドコード).defaultValue 文字列または配列   初期値を指定します。複数の初期値を設定できるフィールドでは、配列形式で指定します。
「defaultNowValue」パラメータを指定した場合、「defaultNowValue」パラメータの指定が優先されます。
ユーザー選択、グループ選択、組織選択フィールドの場合codeとtypeを持つオブジェクトの配列を指定します。
properties.(フィールドコード).defaultValue[].type 文字列 条件必須 ユーザー選択、グループ選択、組織選択フィールドの場合の初期値の種類を指定します。
「defaultValue」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
 ・ユーザーの場合:USER
 ・グループの場合:GROUP
 ・組織の場合:ORGANIZATION
 ・関数の場合:FUNCTION
properties.(フィールドコード).defaultValue[].code 文字列 条件必須

ユーザー選択、グループ選択、組織選択フィールドの場合の初期値のコードを指定します。
「defaultValue」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。

▼ユーザー選択フィールドの場合
 ユーザーのログイン名、グループのコード、組織のコード、関数名のいずれかを指定します。
 関数名にはログインユーザーを指定する関数「LOGINUSER()」のみ指定できます。
 ゲストスペースのアプリでは、ユーザー、グループ、関数名のみ指定できます。

▼グループ選択フィールドの場合
 グループのコードを指定します。

▼組織選択フィールドの場合
 組織のコード、関数名を指定します。
 関数名にはログインユーザーの優先する組織を指定する関数「PRIMARY_ORGANIZATION()」のみ指定できます。

※削除済みや無効なユーザー、グループ、組織コードは指定することはできません。

properties.(フィールドコード).defaultNowValue 文字列   レコード登録時の日時を初期値にするかどうかを指定します。
  • レコード登録時の日時を初期値にする場合:true
  • レコード登録時の日時を初期値にしない場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).options オブジェクト   選択肢の設定を表すオブジェクトです。
properties.(フィールドコード).options.(選択肢名) オブジェクト   各選択肢の設定を表すオブジェクトです。「(選択肢名)」には更新前の選択肢を指定します。
存在しない選択肢を「(選択肢名)」に指定した場合は、新規の選択肢名として追加します。
存在する選択肢を「(選択肢名)」に指定しなかった場合は、その選択肢は削除されます。
properties.(フィールドコード).options.(選択肢名).label 文字列   選択肢名を指定します。選択肢を追加する場合は「properties.(フィールドコード).options.(選択肢名)」のキー名と同じ値を指定します。
properties.(フィールドコード).options.(選択肢名).index 数値 条件必須 選択肢の順番を数値で指定します。指定した数値の昇順で選択肢が並びます。
「options」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).align 文字列   選択肢の並びを指定します。
  • 横にする場合(初期設定):HORIZONTAL
  • 縦にする場合:VERTICAL
properties.(フィールドコード).expression 文字列   自動計算式を指定します。
properties.(フィールドコード).hideExpression 真偽値   計算フィールドの計算式を非表示にするかどうかを指定します。
  • 非表示にする場合:true
  • 表示する場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).digit 数値   数字の桁区切りを表示するかどうかを指定します。
  • 表示する場合:true
  • 表示しない場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).thumbnailSize 数値   ピクセル単位でのサムネイル画像の大きさを、50, 150, 250, 500のいずれかで指定します。
properties.(フィールドコード).protocol 文字列   リンクの種類を指定します。
  • Webサイトの場合:WEB
  • 電話番号の場合:CALL
  • メールアドレスの場合:MAIL
properties.(フィールドコード).format 文字列   計算フィールドの表示形式を指定します。
  • 数値(例:1000):NUMBER(初期設定)
  • 数値(例:1,000):NUMBER_DIGIT
  • 日時(例:2012-08-06 2:03):DATETIME
  • 日付(例:2012-08-06):DATE
  • 時刻(例:2:03):TIME
  • 時間(例:26時間3分):HOUR_MINUTE
  • 時間(例:1日2時間3分):DAY_HOUR_MINUTE
properties.(フィールドコード).displayScale 数値   小数点以下の表示桁数を指定します。
properties.(フィールドコード).unit 文字列   単位記号を指定します。
properties.(フィールドコード).unitPosition 文字列   単位記号の表示位置を指定します。
  • フィールドの前に付ける場合(初期設定):BEFORE
  • フィールドの後ろに付ける場合:AFTER
properties.(フィールドコード).entities 配列   ユーザー選択、組織選択、グループ選択フィールドの選択肢を指定します。
properties.(フィールドコード).entities[].type 文字列 条件必須

選択肢の種類を指定します。
「entities」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。

  • ユーザーの場合:USER
  • グループの場合:GROUP
  • 組織の場合:ORGANIZATION
properties.(フィールドコード).entities[].code 文字列 条件必須

選択肢のコードを指定します。
「entities」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。

▼ユーザー選択フィールドの場合
 ユーザーのログイン名、グループのコード、組織のコードのいずれかを指定します。
 ゲストスペースのアプリでは、ユーザーかグループのみ指定できます。

▼グループ選択フィールドの場合
 グループのコードを指定します。

▼組織選択フィールドの場合
 組織のコードを指定します。

properties.(フィールドコード).referenceTable オブジェクト   関連レコード一覧フィールドの設定を表すオブジェクトです。
properties.(フィールドコード).referenceTable.relatedApp オブジェクト   「参照するアプリ」の設定を表すオブジェクトです。このパラメータを指定すると、関連レコード一覧フィールドの設定は、「参照するアプリ」以外の設定が初期化されます。
properties.(フィールドコード).referenceTable.relatedApp.app 数値 条件必須  「参照するアプリ」に指定するアプリのIDを指定します。「properties.(フィールドコード).referenceTable.relatedApp.code」パラメータを指定した場合、そちらのパラメータでの指定が優先されます。
「relatedApp」パラメータを指定する場合、参照するアプリID又は参照するアプリコードのどちらかは必須となります。
properties.(フィールドコード).referenceTable.relatedApp.code 文字列 条件必須 「参照するアプリ」に指定するアプリのコードを指定します。
「relatedApp」パラメータを指定する場合、参照するアプリID又は参照するアプリコードのどちらかは必須となります。
properties.(フィールドコード).referenceTable.condition オブジェクト   「表示するレコードの条件」の設定を表すオブジェクトです。
properties.(フィールドコード).referenceTable.condition.field 文字列   「表示するレコードの条件」に指定する、関連レコード一覧フィールドを配置したアプリのフィールドのコードを指定します。
properties.(フィールドコード).referenceTable.condition.relatedField 文字列   「表示するレコードの条件」に指定する、参照するアプリのフィールドのコードを指定します。
properties.(フィールドコード).referenceTable.fliterCond 文字列   「さらに絞り込む条件」の設定をクエリ形式で指定します。クエリ形式については、次のページを参照してください。
レコードの一括取得(クエリで条件を指定)
properties.(フィールドコード).referenceTable.displayFields 配列   「表示するフィールド」に指定するフィールドを、フィールドコードの配列で指定します。
properties.(フィールドコード).referenceTable.sort 文字列   レコードのソートの設定をクエリ形式で指定します。クエリ形式については、次のページを参照してください。
レコードの一括取得(クエリで条件を指定)
properties.(フィールドコード).referenceTable.size 数値   一度に表示する最大レコード数を、5, 10, 20, 30のいずれかで指定します。
properties.(フィールドコード).lookup オブジェクト   ルックアップフィールドの設定を表すオブジェクトです。
properties.(フィールドコード).lookup.fieldMappings 配列   「ほかのフィールドのコピー」の設定を表す配列です。
properties.(フィールドコード).lookup.fieldMappings.field 文字列 条件必須 「ほかのフィールドのコピー」のコピー先に指定するフィールドのコードを指定します。
「lookup.fieldMappings」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).lookup.fieldMappings.relatedField 文字列 条件必須 「ほかのフィールドのコピー」のコピー元に指定するフィールドのコードを指定します。
「lookup.fieldMappings」パラメータを指定する場合、このパラメータは必須です。
properties.(フィールドコード).lookup.lookupPickerFields 配列   「コピー元のレコードの選択時に表示するフィールド」の設定を、フィールドコードの配列で指定します。
properties.(フィールドコード).lookup.filterCond 文字列  

絞り込みの初期設定をクエリ形式で指定します。クエリ形式については、次のページを参照してください。
レコードの一括取得(クエリで条件を指定)

properties.(フィールドコード).lookup.sort 文字列  

ソートの初期設定をクエリ形式で指定します。クエリ形式については、次のページを参照してください。
レコードの一括取得(クエリで条件を指定)

properties.(フィールドコード).openGroup 真偽値   グループフィールド内のフィールドを表示するかどうかを指定します。
  • 表示する場合:true
  • 非表示にする場合(初期設定):false
properties.(フィールドコード).fields オブジェクト   テーブル内のフィールドを指定します。パラメータは、「properties」パラメータと同じです。
revision 数値   アプリの設定を変更する前のリビジョン番号を指定します。指定したリビジョンが最新ではない場合、リクエストはエラーになります。
指定を省略、または「-1」を指定すると、リビジョンはチェックされません。
 
次のフィールドは、追加も設定の変更もできません。
  • ステータス
  • 作業者
  • カテゴリー

リクエストの例

ヘッダ

PUT /k/v1/preview/app/form/fields.json HTTP/1.1
Host: example.cybozu.com:443
X-Cybozu-Authorization: QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
Authorization: Basic QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
Content-Type: application/json

ボディ

レスポンス

パラメータ

パラメータ名 値の種類 説明
revision 文字列 アプリの設定を変更したあとのリビジョン番号です。

レスポンスの例

フィールドを削除する

フォームからフィールドを削除します。グループやテーブルを削除すると、所属するフィールドもまとめて削除されます。

値が自動入力される次のフィールドは、フォーム上から削除されるだけで、データは削除されません。

  • レコード番号
  • 作成者
  • 更新者
  • 作成日時
  • 更新日時

また、次のフィールドは削除できません。

  • ステータス
  • 作業者
  • カテゴリー

URI

https://(サブドメイン名).cybozu.com/k/v1/preview/app/form/fields.json

ゲストスペースのアプリの場合:https://(サブドメイン名).cybozu.com/k/guest/(スペースのID)/v1/preview/app/form/fields.json

HTTPメソッド

DELETE

アクセス権

  • アプリに管理権限が必要です。
  • このAPIの実行には、APIトークンは使用できません。

リクエスト

パラメータ

パラメータ名 指定する値 必須 説明
app 数値 必須 アプリのIDを指定します。
fields 配列 必須

削除するフィールドのコードを指定します。

※指定できるフィールドの上限は100件です

revision 数値   アプリの設定を変更する前のリビジョン番号を指定します。指定したリビジョンが最新ではない場合、リクエストはエラーになります。
指定を省略、または「-1」を指定すると、リビジョンはチェックされません。

(1) パラメータを HTTP のクエリ文字列で送信する場合

ヘッダ

DELETE /k/v1/preview/app/form/fields.json?app=1&fields[0]=%E6%96%87%E5%AD%97%E5%88%97__1%E8%A1%8C_&fields[1]=%E6%95%B0%E5%80%A4&revision=2 HTTP/1.1
Host: example.cybozu.com:443
X-Cybozu-Authorization: QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
Authorization: Basic QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=

(2) パラメータを JSON形式で送信する場合(HTTP リクエストのリクエストボディに JSON データをセットする場合)

ヘッダ

DELETE /k/v1/preview/app/form/fields.json HTTP/1.1
Host: example.cybozu.com:443
X-Cybozu-Authorization: QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
Authorization: Basic QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
Content-Type: application/json

ボディ

レスポンス

パラメータ

パラメータ名 値の種類 説明
revision 文字列 アプリの設定を変更したあとのリビジョン番号です。

レスポンスの例

フォームのレイアウトを変更する

URI

https://(サブドメイン名).cybozu.com/k/v1/preview/app/form/layout.json

ゲストスペースのアプリの場合:https://(サブドメイン名).cybozu.com/k/guest/(スペースのID)/v1/preview/app/form/layout.json

HTTPメソッド

PUT

アクセス権

  • アプリに管理権限が必要です。
  • このAPIの実行には、APIトークンは使用できません。

リクエスト

パラメータ

指定するパラメータの一覧です。
フォーム上のすべてのフィールドに、レイアウトを指定する必要があります。省略したパラメータの設定は変更されません。

パラメータ名 指定する値 必須 説明
app 数値 必須 アプリのIDを指定します。
layout 配列 必須 フォームの行ごとのレイアウトを表す配列です。
layout[].type 文字列 必須 行の種類を指定します。
  • 標準の行の場合:ROW
  • テーブルの場合:SUBTABLE
  • グループフィールドの場合:GROUP
layout[].code 文字列 条件必須 テーブル、またはグループのコードを指定します。テーブル、グループのいずれでもない標準の行では、このパラメータは不要です。
layout[].fields 配列   行に含まれるフィールドを表す配列です。
layout[].fields[].type 文字列 必須 フィールドの種類を指定します。
  • グループ選択:GROUP_SELECT
  • スペース:SPACER
  • チェックボックス:CHECK_BOX
  • ドロップダウン:DROP_DOWN
  • ユーザー選択:USER_SELECT
  • ラジオボタン:RADIO_BUTTON
  • ラベル:LABEL
  • リッチエディター:RICH_TEXT
  • リンク:LINK
  • ルックアップ:SINGLE_LINE_TEXT、またはNUMBER *
  • レコード番号:RECORD_NUMBER
  • 関連レコード一覧:REFERENCE_TABLE
  • 計算:CALC
  • 罫線:HR
  • 更新者:MODIFIER
  • 更新日時:UPDATED_TIME
  • 作成者:CREATOR
  • 作成日時:CREATED_TIME
  • 時刻:TIME
  • 数値:NUMBER
  • 組織選択:ORGANIZATION_SELECT
  • 添付ファイル:FILE
  • 日時:DATETIME
  • 日付:DATE
  • 複数選択:MULTI_SELECT
  • 文字列(1行):SINGLE_LINE_TEXT
  • 文字列(複数行):MULTI_LINE_TEXT
*:参照先のフィールドの種類を指定します。
layout[].fields[].code 文字列 条件必須 フィールドコードを指定します。ラベル、スペース、および罫線では、このパラメータは不要です。
layout[].fields[].label 文字列   ラベルフィールドの場合、ラベル名を指定します。
layout[].fields[].elementId 文字列   スペースフィールドの場合、要素IDを指定します。
layout[].fields[].size オブジェクト   フィールドのサイズを表すオブジェクトです。配置によっては、フィールドが指定したサイズにならない場合があります。
layout[].fields[].size.width 数値   ピクセル単位でのフィールドの横幅を指定します。
次のフィールドでのみ指定できます。
  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • リッチエディター
  • 数値
  • 計算
  • 時刻
  • 日付
  • 日時
  • 複数選択
  • ドロップダウン
  • ラジオボタン
  • チェックボックス
  • 添付ファイル
  • ユーザー選択
  • リンク
  • ルックアップ
  • ラベル
  • 空白
  • 罫線
  • レコード番号
  • 作成者
  • 作成日時
  • 更新者
  • 更新日時
layout[].fields[].size.height 数値   フィールド名を含めた、ピクセル単位でのフィールドの縦幅を指定します。スペースフィールドでのみ指定できます。
layout[].fields[].size.innerHeight 数値   フィールド名を除いた、ピクセル単位でのフィールドの縦幅を指定します。
次のフィールドでのみ指定できます。
  • 文字列(複数行)
  • リッチエディター
layout[].layout 配列   グループ内のフィールドのレイアウトを表す配列です。パラメータは、「layout」パラメータと同じです。
revision 数値   アプリの設定を変更する前のリビジョン番号を指定します。指定したリビジョンが最新ではない場合、リクエストはエラーになります。
指定を省略、または「-1」を指定すると、リビジョンはチェックされません。

リクエストの例

ヘッダ

PUT /k/v1/preview/app/form/layout.json HTTP/1.1
Host: example.cybozu.com:443
X-Cybozu-Authorization: QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
Authorization: Basic QWRtaW5pc3RyYXRvcjpjeWJvenU=
Content-Type: application/json

ボディ

レスポンス

パラメータ

パラメータ名 値の種類 説明
revision 文字列 アプリの設定を変更したあとのリビジョン番号です。

レスポンスの例

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

Avatar
Yoshiteru Negishi

`layout[].fields[].size.heigit` は `layout[].fields[].size.height`ではないでしょうか

Avatar
cybozu Development team

Negishi 様

ご連絡をありがとうございます。タイプミスでした。

以下の通り訂正いたしました。

layout[].fields[].size.height

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk