2014/12/14 の定期メンテナンスにおけるアップデート情報

フォローする

2014年12月14日に定期メンテナンスを実施しました。

kintone APIに、事前情報でお知らせした下記の変更が適用されています。尚、事前情報から追加された情報はありません。

kintone JavaScript API

改修される不具合

  • APIで「リッチエディター」フィールドを編集不可に変更しても、フィールドの表示が変わらない。
    ※2014年11月9日のアップデートでkintoneに追加された、新デザインを適用した場合のみに発生する不具合です。
  • フィールドの変更イベントで、一部のタイプのフィールドのerrorプロパティに値を入れてエラーメッセージを表示すると、その後errorプロパティをクリアしても、画面上のerrorのメッセージが消えない。
  • プロセス管理機能を有効にしたアプリで、編集権限を持たないフィールドがフォームにあると、そのフィールドの値を更新したかどうかに関わらず、ステータスの変更に失敗する。
  • APIでフォームのカテゴリーフィールドを編集不可にできない。
    ※2014年11月9日のアップデートでkintoneに追加された、新デザインを適用した場合のみに発生する不具合です。
  • 計算式が参照するフィールドが空の場合に、レコード編集画面で関数「kintone.app.record.get()」を使用して取得される計算フィールドの値が正しくない。
    (改修前):「#N/A」
    (改修後):空

追加される機能

次のイベントの発動を監視できるフィールドのタイプに、「文字列(1行)」フィールドと「数値」フィールドを追加。

  • レコードの一覧画面で、指定したフィールドの値が変わると発動するイベント(app.record.index.edit.change)
  • レコードの追加画面で、指定したフィールドの値が変わると発動するイベント(app.record.create.change)
  • レコードの編集画面で、指定したフィールドの値が変わると発動するイベント(app.record.edit.change)

kintone SDK(β) for Java

次の機能に対応しました。
公開済の kintone API SDK(β) for Java を再取得してください。

  • フィールド名のマルチバイト文字に対応しました。
  • ResultSetクラスにFieldTypeを取得するメソッドを追加しました。

 

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk