カテゴリー内の他の記事

フォームクリエイター(サイボウズスタートアップス株式会社 Cstap)

フォローする

(著者:Cstap 落合 雄一

はじめに

こんにちは。落合@cstapです。
本tipsでは、kintone とkintone連携サービス「フォームクリエイター」の連携方法を紹介します。

フォームクリエイターとは?

フォームクリエイターは、アンケートフォームや申込みフォームを簡単に作れ、kintoneにデータ登録できる初期費用0円、5,000円/月〜の安価なサービスです。登録フォーム数の制限は一切ありません。

フォームクリエイターを利用すると様々なフォームの作成をすることができ、またそのデータをkintoneに蓄積することができます。PC、スマートフォン、携帯電話向けとマルチデバイスに対応しているのも特徴の1つです。

接続イメージ

以下が、kintoneとフォームクリエイターの接続イメージです。

使用例

今回は、実際に私達が行っているHPのお問い合わせフォームについて紹介させていただきます。フォームクリエイターで作成したフォームをIframeでHPに埋め込みます。

kintone側の設定

上記で紹介したようなお問い合わせをkintoneで管理する際、私達は以下のようにフィールドの設定を行っています。全ての項目が必須な訳ではありませんが、管理する際に便利な項目も含め記載しています。

フィールド名

フィールドタイプ

備考

会社名

文字列(1行)

 

部署名

文字列(1行)

 

お名前

文字列(1行)

 

メールアドレス

文字列(1行)

 

電話番号

文字列(1行)

 

お問い合わせ内容

ドロップダウン

本サービスの内容について, 本サービスの利用について,
本サービスの販売について, 本サービスへの要望について,
利用上のトラブルについて, その他のお問い合わせ

詳しい内容

文字列(複数行)

 

対応状況

ドロップダウン

未対応, 対応済み

作成日時

作成日時

 

実際のkintoneアプリの登録画面は、以下のようになります。

フォームクリエイター側の設定

kintoneで作成していたアプリと連携しフォームを作成します。kintoneアプリのURLとフォームの管理名称、受付タイトルを決めます。

これだけでフォームの作成は完了します!しかし、「対応状況」のフィールドはお客様に見せる必要は無いので、「フォームの編集」でフィールド右端の✕ボタンで削除します。これで、外部には表示せず、社内で管理するフィールドができました。

フォームからの受付をした際に自動返信を行なうことも可能です。入力された内容を引用する返信内容を「フォームの設定」で設定します。また、ここでの設定でフォーム受付の設定を「受付する」に変更すると、フォームが公開され、外部から入力できる状態になりますので、全ての設定が完了してから公開します。

設定が完了し、外部へも公開した後は、どういった形で公開するかを設定する必要があります。作成したフォームは「URLリンク」、「Iframe用の埋め込みコード」、「HTMLコード」として出力することが可能です。私達は「Iframe用の埋め込みコード」で出力し、HPに埋め込んでいます。

下記が実際のHPです。赤枠内がIframeで表示されています。他にもフォームのデザインや、回答時のサンクスページの変更も可能です。是非いろいろお試しください。

最後に

今回はお問い合わせについてご紹介いたしましたが、アンケートやイベント受付などフォームクリエイターは様々な場面で活用することができます。フォームクリエイターは随時無料トライアルを受け付けておりますので、是非お気軽にお試しください。試用期間は30日間となっております。トライアルお申し込みはこちらから

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk