カテゴリー内の他の記事

PC/スマートフォン 早見表

フォローする

PC/スマートフォン 早見表

PC画面で使用できるAPI,スマートフォンのみで利用できるAPI,両方で利用できるAPIをまとめた表は以下になります。
詳細は各リンク先にてご確認ください。

※スマートフォン用APIは、下記の環境で動作します。

  • スマートフォンのWebブラウザー
  • スマートフォン用アプリ「kintone モバイル」

イベント

 API PC用 スマートフォン用

レコード一覧画面の表示後イベント
(app.record.index.show )

○ ※1

レコード一覧画面のインライン編集の保存実行前イベント
(app.record.index.edit.submit)

○  

機能なし

レコード一覧画面のインライン編集の保存成功後のイベント
(app.record.index.edit.submit.success)

機能なし

レコード一覧画面のインライン編集開始時イベント
(app.record.index.edit.show)

○ 

機能なし

レコード一覧画面のフィールド値変更時イベント
(app.record.index.edit.change.<フィールドコード>)

○  

機能なし

レコード一覧画面のレコード削除前イベント
(app.record.index.delete.submit)

機能なし

レコード追加画面が表示された時のイベント
(app.record.create.show)

○  

※1

レコード追加画面の保存実行前のイベント
(app.record.create.submit)

○  

○ ※1

レコード追加画面の保存成功後のイベント
(app.record.create.submit.success)

○ ※1

レコード追加画面のフィールド値変更時イベント
(app.record.create.change.<フィールドコード>)

○  

※1

レコード詳細画面表示後のイベント
(app.record.detail.show)

○  

※1

レコード削除前イベント
(app.record.detail.delete.submit)

×

プロセス管理のアクション実行イベント
(app.record.detail.process.proceed)

※1

レコード編集画面が表示された時のイベント
(app.record.edit.show)

○  

※1

レコード編集画面の保存実行前のイベント
(app.record.edit.submit)

○  

※1 

レコード編集画面の保存成功後のイベント
(app.record.edit.submit.success)

※1

レコード編集画面のフィールド値変更時イベント
(app.record.edit.change.<フィールドコード>)

※1

レコード印刷画面が表示された時のイベント
(app.record.print.show)

機能なし

グラフが表示された時のイベント
(app.report.show)

○ 

※1…スマートフォン用の関数には全て、PC用の関数の頭に「mobile」をつけてご利用ください。

例:PC用 ⇒ app.record.index.show スマートフォン用 ⇒ mobile.app.record.index.show

情報の取得・設定

 API  PC用 スマートフォン用

kintone REST APIを実行
(kintone.api) 

レコードの値を取得
(kintone.app.record.get)

○  

○ ※2

レコードに値を設定
(kintone.app.record.set)

○ 

○ ※2

アプリID取得
(kintone.app.getId)

○  

○ 

一覧のクエリ文字列を取得
(kintone.app.getQueryCondition)

○  

×  

一覧のクエリ文字列を取得(order by, limit, offset付き)
(kintone.app.getQuery)

○  

×

レコード番号を取得
(kintone.app.record.getId)

○  

○ 

ログインユーザーの情報を取得
(kintone.getLoginUser)

○  

デザインのバージョンを取得
(kintone.getUiVersion)

kintone REST API 同時接続数の取得
(kintone.api.getConcurrencyLimit)

関連レコード一覧の参照先のアプリIDを取得
(kintone.app.getRelatedRecordsTargetAppId)

○ 

ルックアップフィールドの参照先のアプリIDを取得する
(kintone.app.getLookupTargetAppId)

○ 

URLを取得(クエリ文字列なし)
(kintone.api.url)

URLを取得(クエリ文字列付き)
(kintone.api.urlForGet)

CSRFトークンの取得
(kintone.getRequestToken)

外部のAPIを実行する
(kintone.proxy)

外部にファイルをアップロードする
(kintone.proxy.upload)

フィールドの非表示
(kintone.app.record.setFieldShown)

○ ※2

グループフィールドの開閉
(kintone.app.record.setGroupFieldOpen)

○ ※2

※2…スマートフォン用の関数にはkintoneの後ろに「mobile」をつけてご利用ください。

例:PC用 ⇒ kintone.app.record.get スマートフォン用 ⇒ kintone.mobile.app.record.get

要素の取得

 API  PC用 スマートフォン用

ヘッダー直下の空白部分の要素を取得
(kintone.mobile.app.getHeaderSpaceElement)

機能なし

一覧のフィールド要素を取得
(kintone.app.getFieldElements)

×

一覧のメニューの右側の空白部分の要素を取得
(kintone.app.getHeaderMenuSpaceElement) 

○ 

×

一覧のメニューの下側の空白部分の要素を取得
(kintone.app.getHeaderSpaceElement)

×

詳細のフィールド要素を取得
(kintone.app.record.getFieldElement)

×

詳細のメニューの右側の空白部分の要素を取得
(kintone.app.record.getHeaderMenuSpaceElement)

○  

× 

スペースフィールドの要素を取得
(kintone.app.record.getSpaceElement)

○  

○ 

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

Avatar
teranaka

基本的な質問で申し訳ございません。

こちらに紹介されておりますmobile~の処理は

Cybozuが提供していますスマホアプリ「kintone」の起動時のことを指されていますでしょうか?

「kintone」アプリのことを指しているのであれば、

上記設定を適用するための何か特別な処理等が必要になるのでしょうか?

「kintone」アプリのことを指していないのであれば、

そちらのカスタマイズはどのようにすれば行えるかをご教示いただけますと幸いです。

申し訳ございませんが、ご回答の程よろしくお願いします。

Avatar
cybozu Developer team

teranaka 様

お世話になっております。
cybozu developer network 運営事務局です。

ご質問いただいた件については、以下に返答させていただきます。

>こちらに紹介されておりますmobile~の処理は
>Cybozuが提供していますスマホアプリ「kintone」の起動時のことを指されていますでしょうか?

ご認識の通りでございます。kintoneのスマホアプリを操作するためのAPIになります。

>「kintone」アプリのことを指していないのであれば、
>そちらのカスタマイズはどのようにすれば行えるかをご教示いただけますと幸いです。

kintoneのスマートフォン用APIを利用したカスタマイズ方法を勉強したいとのことでしたら、
以下の記事を見ていただけるといいかなと思います。

・スマートフォン用APIを使ってみよう!
 https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/217201486

・kintone JS API – スマートフォン用/レコード保存前イベント を試してみる
 https://www.joyzo.co.jp/blog/3459

・Geolocation API(位置情報)を使ったモバイルアプリを作ってみよう
 https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/202179174


また、コミュニティのほうでも、モバイル関連の質問/回答が多くございますので、
こちらもぜひご参照ください。よろしくお願い致します。

Avatar
teranaka

cybozu developer network 運営事務局様

お世話になっております。

ご丁寧に対応頂きありがとうございます。

紹介して頂きました記事を参考して行ってみます。

ログインしてコメントを残してください。