カテゴリー内の他の記事

PC/スマートフォン 早見表

フォローする

PC/スマートフォン 早見表

PC画面で使用できるAPI,スマートフォンのみで利用できるAPI,両方で利用できるAPIをまとめた表は以下になります。
詳細は各リンク先にてご確認ください。

イベント

 API PC スマートフォン

対応

対応

レコード一覧画面の表示後イベント
(app.record.index.show )

○ 

○ ※1

レコード一覧画面のインライン編集の保存実行前イベント
(app.record.index.edit.submit)

○  

機能なし

レコード一覧画面のインライン編集の保存成功後のイベント
(app.record.index.edit.submit.success)

機能なし

レコード一覧画面のインライン編集開始時イベント
(app.record.index.edit.show)

○ 

機能なし

レコード一覧画面のフィールド値変更時イベント
(app.record.index.edit.change.<フィールドコード>)

○  

機能なし

レコード一覧画面のレコード削除前イベント
(app.record.index.delete.submit)

機能なし

レコード追加画面が表示された時のイベント
(app.record.create.show)

○  

※1

レコード追加画面の保存実行前のイベント
(app.record.create.submit)

○  

○ ※1

レコード追加画面の保存成功後のイベント
(app.record.create.submit.success)

×

レコード追加画面のフィールド値変更時イベント
(app.record.create.change.<フィールドコード>)

○  

※1

レコード詳細画面表示後のイベント
(app.record.detail.show)

○  

※1

レコード削除前イベント
(app.record.detail.delete.submit)

×

プロセス管理のアクション実行イベント
(app.record.detail.process.proceed)

×

レコード編集画面が表示された時のイベント
(app.record.edit.show)

○  

※1

レコード編集画面の保存実行前のイベント
(app.record.edit.submit)

○  

※1 

レコード編集画面の保存成功後のイベント
(app.record.edit.submit.success)

×

レコード編集画面のフィールド値変更時イベント
(app.record.edit.change.<フィールドコード>)

※1

レコード印刷画面が表示された時のイベント
(app.record.print.show)

機能なし

グラフが表示された時のイベント
(app.report.show)

×

※1…スマートフォン用の関数には全て、PC用の関数の頭に「mobile」をつけてご利用ください。

例:PC用 ⇒ app.record.index.show スマートフォン用 ⇒ mobile.app.record.index.show

情報の取得・設定

 API  PC スマートフォン
対応 対応

kintone REST APIを実行
(kintone.api) 

レコードの値を取得
(kintone.app.record.get)

○  

○ ※2

レコードに値を設定
(kintone.app.record.set)

○ 

○ ※2

アプリID取得
(kintone.app.getId)

○  

× 

一覧のクエリ文字列を取得
(kintone.app.getQueryCondition)

○  

×  

一覧のクエリ文字列を取得(order by, limit, offset付き)
(kintone.app.getQuery)

○  

×

レコード番号を取得
(kintone.app.record.getId)

○  

× 

ログインユーザーの情報を取得
(kintone.getLoginUser)

○  

デザインのバージョンを取得
(kintone.getUiVersion)

関連レコード一覧の参照先のアプリIDを取得
(kintone.app.getRelatedRecordsTargetAppId)

×

ルックアップフィールドの参照先のアプリIDを取得する
(kintone.app.getLookupTargetAppId)

×

URLを取得(クエリ文字列なし)
(kintone.api.url)

URLを取得(クエリ文字列付き)
(kintone.api.urlForGet)

CSRFトークンの取得
(kintone.getRequestToken)

外部のAPIを実行する
(kintone.proxy)

外部にファイルをアップロードする
(kintone.proxy.upload)

フィールドの非表示
(kintone.app.record.setFieldShown)

○ ※2

グループフィールドの開閉
(kintone.app.record.setGroupFieldOpen)

機能なし

※2…スマートフォン用の関数にはkintoneの後ろに「mobile」をつけてご利用ください。

例:PC用 ⇒ kintone.app.record.get スマートフォン用 ⇒ kintone.mobile.app.record.get

要素の取得

 API  PC スマートフォン
対応 対応

ヘッダー直下の空白部分の要素を取得
(kintone.mobile.app.getHeaderSpaceElement)

機能なし

一覧のフィールド要素を取得
(kintone.app.getFieldElements)

×

一覧のメニューの右側の空白部分の要素を取得
(kintone.app.getHeaderMenuSpaceElement) 

○ 

×

一覧のメニューの下側の空白部分の要素を取得
(kintone.app.getHeaderSpaceElement)

×

詳細のフィールド要素を取得
(kintone.app.record.getFieldElement)

×

詳細のメニューの右側の空白部分の要素を取得
(kintone.app.record.getHeaderMenuSpaceElement)

○  

× 

スペースフィールドの要素を取得
(kintone.app.record.getSpaceElement)

○  

×  

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk