kintone.apiにゲストスペースでも使える正しいパスを指定する

フォローする

(著者:サイボウズ KADOYA Ryo

REST APIのURLについて

kintoneのREST APIをJavaScriptから実行するには、kintone.api()を使用します。kintone.apiの第一引数には実行するREST APIのパスを指定します

通常のアプリの場合

kintone.api('/k/v1/record', 'GET', {app: 1, id: 5}, function(resp) {});

ゲストスペース内アプリの場合

このとき、REST APIを実行するアプリがゲストスペース内アプリの場合、このパスでは実行できません。ゲストスペース内アプリのREST APIは "/k/guest/" から始まるため、通常のAPIとはエンドポイントが異なります。ゲストスペース内アプリのREST APIのパスは、例えば以下のようになります。

kintone.api('/k/guest/99/v1/record', 'GET', {app: 1, id: 5}, function(resp) {});

どちらでも使える例

このままでは、REST APIを実行するアプリが通常のアプリかゲストスペース内アプリかによって、JavaScriptの記述を変更する必要がでてきます。以下のように記述することで、通常のアプリでもゲストスペース内アプリでもコードを共通で利用できます。

kintone.api(kintone.api.url('/k/v1/records', true), 'GET', {app: 1, id: 5}, function(resp) {});

kintone.api.url()を使用することで、ゲストスペース内の場合は自動的に現在のゲストコンテキスト(/guest/{id})がURLに挿入されます。第2引数にtrueを付けることを忘れないでください。

このTipsは、2014年9月版で確認したものになります。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk