カテゴリー内の他の記事

アプリケーションの有効/無効を切り替える

アプリケーションの有効/無効を切り替える

アプリケーションの有効/無効を切り替える API です。

API名

BaseManagerApplication

使用可能なガルーンのバージョン

  • クラウド版 Garoon
  • パッケージ版 Garoon バージョン 3.5.0以降

リクエスト

パラメーター名 パラメーター数 説明
application base:BaseManagerApplicationType 0 ~ 無制限 アプリケーションのステータス情報

<parameters> 
  <application xmlns="" code="schedule" active="false"></application> 
</parameters>

レスポンス

パラメーター名 パラメーター数 説明
application base:BaseApplicationType 0 ~ 無制限 アプリケーションのステータス情報

<returns> 
  <application code="schedule" status="deactive"/> 
</returns>

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

サインインしてコメントを残してください。