カテゴリー内の他の記事

通知を確認済みにする

通知を確認済みにする

一意の ID とアプリケーションモジュール ID をリクエストのパラメーターとして受け取り、指定した通知を確認済みにし、確認済みにした通知の情報をレスポンスとして返す API です。 指定した通知が未確認でない場合、API は空の情報を返します。

API名

NotificationConfirmNotification

使用可能なガルーンのバージョン

  • クラウド版 Garoon
  • パッケージ版 Garoon バージョン 3.0.0以降

リクエスト

パラメーター名 パラメーター数 説明
notification_id notification:NotificationIdType 1 ~ 無制限 確認済みにする通知のアプリケーションIDと一意のID

<parameters> 
  <notification_id module_id=”grn.message” item=”1” /> 
</parameters>

レスポンス

パラメーター名 パラメーター数 説明
notification notification:NotificationType 0 ~ 無制限 確認済みにした通知情報

<returns> 
  <notification module_id="grn.message" item="1" status="create" is_history="true"  
   version="1276036644" read_datetime="2010-10-12T04:37:08Z"  
   receive_datetime="2010-01-01T00:00:00Z" subject="subject"  
   sender_name="Administrator" sender_id="1" attached="false" /> 
</returns>

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

サインインしてコメントを残してください。