カテゴリー内の他の記事

Garoon(ガルーン) SOAP API の概要

フォローする

Garoon(ガルーン) SOAP API とは

Garoon SOAP API(パッケージ版では、「連携API」と呼びます)は、Garoon(ガルーン) の機能を外部のプログラムから利用するための、SOAP(Simple Object Access Protocol)形式のインターフェースです。これにより、他システムとのデータの送受信が可能となります。 例えば、スケジュールの機能であれば、受付管理システムに、本日の来訪の情報をGaroon(ガルーン)のスケジュールから抜き出し、引き渡すことが可能です。また。営業支援システムのスケジュールと同期するプログラムを開発することもできます。

Garoon on cybozu のイメージ

 

パッケージ版ガルーン のイメージ

 

APIを使った活用例

ユーザー/アドレス帳を操作する

他システムのユーザーやアドレス帳の情報をガルーンに反映することができます。ユーザー情報の取得、追加、更新、削除や個人・共有アドレス帳の参照をすることが可能です。これにより、ユーザーやアドレス帳の情報の散在や二重管理を防ぐことができます。 

「ワークフロー」で休暇申請を行い、承認済みの日時を「スケジュール」に反映させる

有給休暇など勤怠管理に「ワークフロー」アプリケーションの活用が有効です。サンプルツール、「有給休暇申請フォーム」では、申請した日時・有給日時を承認決裁後に自動的に「スケジュール」に登録することができ、日々の業務効率を向上させることができます。 

「ワークフロー」で掲示板への公開申請を行い、承認済みの内容を掲示板に反映する

ワークフロー承認後、議事録や重要な文書を掲示板で全社告知することができます。正式な情報をミスなく効率的に公開することができます。 

掲示板の画面イメージ

 

「ワークフロー」でファイル登録申請を行ない、承認済みの添付ファイルを「ファイル管理」にコピーする

上長の承認後に公開したいファイル類、例えば会議の議事録、部内の決定事項、申請フォーマットなどを「ワークフロー」承認後、「ファイル管理」アプリケーションの特定のフォルダに自動で登録することができます。 決定事項となる公式な情報を公開する上でのミスをなくし、業務効率を向上することができます。 

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk