フィールド形式

フォローする

利用できるフィールドの Type、Value について

フィールドは以下のようなJSON形式になります。type と value の部分がフィールドの型によって異なります。

  • データの取得、登録、更新には、「フィールドコード」を指定してください。
    ※「フィールドコード」はフィールドの「設定」で確認できます。 ただし、次のフィールドタイプの場合には「フィールド名」を指定してください。
    ※「フィールド名」はフィールドの「設定」で確認できます。
    • カテゴリー
    • ステータス
    • 作業者
  • 登録、更新APIでJSONデータを送信する場合、「value」パラメータのみ送信してください。 「type」パラメータは必要ありません。
    ※後述の通りJavaScript APIの例外として、「テーブル」データを登録・更新する場合は「type」の指定が必要な場合があります。

レコード番号とレコードIDについて

  • レコード番号 レコードに自動的に割り当てられた、ほかのレコードと重複しない番号です。
    ただし、アプリコードを設定したアプリでは、アプリコードと番号の組み合わせがレコード番号になります。
    例:アプリコードが「APPCODE」のアプリのレコード番号は「APPCODE-1」のようになります。
  • レコードID レコードに自動的に割り当てられた、ほかのレコードと重複しない番号で、必ず数値になります。
    APIを処理する場合には、レコードIDをご利用ください。

メタ情報

フィールド型 type value の例
※「value の例」の「フィールドコード」は「<>」で囲んでいますが、利用の際には不要です。
レコード番号 ※3 RECORD_NUMBER
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "RECORD_NUMBER",
    "value": "1"
}
アプリコードに「APPCODE」が指定されている場合の例です。
"<フィールドコード>": {
    "type": "RECORD_NUMBER",
    "value": "APPCODE-1"
}
レコードID ※3 __ID__
  • 取得時のレスポンスのデータ
"$id": {
    "type": "__ID__",
    "value": "1"
}
リビジョン ※3 __REVISION__
  • 取得時のレスポンスのデータ
"$revision": {
    "type": "__REVISION__",
    "value": "5"
}
作成者 ※4 CREATOR
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "CREATOR",
    "value": {
        "code": "sato",
        "name": "Noboru Sato"
    }
}

ゲストユーザーの場合

"<フィールドコード>": {
    "type": "CREATOR",
    "value": {
        "code": "guest/sato@cybozu.com",
        "name": "Noboru Sato"
    }
}
  • 登録時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": {
        "code": "sato"
    }
}
作成日時 ※4 CREATED_TIME
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "CREATED_TIME",
    "value": "2012-01-11T11:30:00Z"
}
・「YYYY-MM-DD」と「HH:MM:SS」の間の「T」は固定値です。
・「HH:MM:SS」の後ろの「Z」は固定値で、UTCを表します。
  • 登録時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": "2012-01-11T11:30:00Z"
}
・「YYYY-MM-DD」と「HH:MM:SS」の間の「T」は固定値です。
・「HH:MM:SS」の後ろの「Z」は固定値で、UTCを表します。
"<フィールドコード>": {
    "value": "2012-01-11T11:30:00+09:00"
}
・「±HH:MM」には、UTCとの時刻の差を指定します。 ・未来の日時は指定できません。
更新者 ※4 MODIFIER
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "MODIFIER",
    "value": {
        "code": "sato",
        "name": "Noboru Sato"
    }
}

ゲストユーザーの場合

"<フィールドコード>": {
    "type": "MODIFIER",
    "value": {
        "code": "guest/sato@cybozu.com",
        "name": "Noboru Sato"
    }
}
  • 登録時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": {
        "code": "sato"
    }
}
更新日時 ※4 UPDATED_TIME
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "UPDATED_TIME",
    "value": "2012-01-11T11:30:00Z"
}
・「YYYY-MM-DD」と「HH:MM:SS」の間の「T」は固定値です。
・「HH:MM:SS」の後ろの「Z」は固定値で、UTCを表します。
  • 登録時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": "2012-01-11T11:30:00Z"
}
・「YYYY-MM-DD」と「HH:MM:SS」の間の「T」は固定値です。
・「HH:MM:SS」の後ろの「Z」は固定値で、UTCを表します。
"<フィールドコード>": {
    "value": "2012-01-11T11:30:00+09:00"
}
・「±HH:MM」には、UTCとの時刻の差を指定します。
・未来の日時は指定できません。

カスタムフィールド

フィールド型 type value
文字列(1行) SINGLE_LINE_TEXT
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "SINGLE_LINE_TEXT",
    "value": "テストです。"
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": "テストです。"
}
数値 NUMBER
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "NUMBER",
    "value": "123"
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": "123"
}
計算 ※3 CALC
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "CALC",
    "value": "123"
}
表示書式の設定により "value" の値が異なります。
  • 数値: "1234"
  • 数値(カンマ区切り): "1234"
  • 日時: "2012-01-11T11:30:00Z"
  • 日付: "2012-01-11"
  • 時刻: "11:30"
  • 時間(時、分): "49:30" (画面表示上は"49時間30分")
  • 時間(日、時、分): "49:30" (画面表示上は"2日1時間30分")
  • 登録・更新時のリクエストデータ 登録、更新はできません。
文字列(複数行) MULTI_LINE_TEXT
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "MULTI_LINE_TEXT",
    "value": "テスト\nです。"
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": "テスト\nです。"
}
リッチエディター RICH_TEXT
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "RICH_TEXT",
    "value": "<a href=\"http://www.cybozu.com\">サイボウズ</a>"
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": "<a href=\"http://www.cybozu.com\">サイボウズ</a>"
}
チェックボックス ※1 CHECK_BOX
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
     "type": "CHECK_BOX",
     "value": [
         "選択肢1",
         "選択肢2"
     ]
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": [
        "選択肢1",
        "選択肢2"
    ]
}
ラジオボタン ※1 RADIO_BUTTON
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "RADIO_BUTTON",
    "value": "選択肢3"
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": "選択肢3"
}
ドロップダウン ※1 DROP_DOWN
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "DROP_DOWN",
    "value": "選択肢3"
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": "選択肢3"
}
複数選択 ※1 MULTI_SELECT
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "MULTI_SELECT",
    "value": [
        "選択肢1",
        "選択肢2"
    ]
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": [
        "選択肢1",
        "選択肢2"
    ]
}
添付ファイル FILE
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "FILE",
    "value": [
        {
            "contentType": "text/plain",
            "fileKey":"201202061155587E339F9067544F1A92C743460E3D12B3297",
            "name": "17to20_VerupLog (1).txt",
            "size": "23175"
        },
        {
            "contentType": "text/plain",
            "fileKey": "201202061155583C763E30196F419E83E91D2E4A03746C273",
            "name": "17to20_VerupLog.txt",
            "size": "23175"
        }
    ]
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": [
        {
            "fileKey":"201202061155587E339F9067544F1A92C743460E3D12B3297",
        },
        {
            "fileKey": "201202061155583C763E30196F419E83E91D2E4A03746C273",
        }
    ]
}
リンク LINK
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "LINK",
    "value": "http://cybozu.co.jp/"
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": "http://cybozu.co.jp/"
}
日付 ※2 DATE
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "DATE",
    "value": "2012-01-11"
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": "2012-01-11"
}
時刻 ※2 TIME
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "TIME",
    "value": "11:30"
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": "11:30"
}
日時 ※2 DATETIME
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "DATETIME",
    "value": "2012-01-11T11:30:00Z"
}
・「YYYY-MM-DD」と「HH:MM:SS」の間の「T」は固定値です。 
・「HH:MM:SS」の後ろの「Z」は固定値で、UTCを表します。
・JSTで指定する場合は、ISO8601の表記に基づいて以下のように指定してください。
  2012-01-11T11:30:00+09:00
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": "2012-01-11T11:30:00Z"
}
・「YYYY-MM-DD」と「HH:MM:SS」の間の「T」は固定値です。
・「HH:MM:SS」の後ろの「Z」は固定値で、UTCを表します。
"<フィールドコード>": {
    "value": "2012-01-11T11:30:00+09:00"
}
・「±HH:MM」には、UTCとの時刻の差を指定します。
ユーザー選択 USER_SELECT
  • 取得時のレスポンスのデータ(ドメインのユーザー)
"<フィールドコード>": {
    "type": "USER_SELECT",
    "value": [
        {
            "code": "sato",
            "name": "Noboru Sato"
        },
        {
            "code": "kato",
            "name": "Misaki Kato"
        }
    ]
}

ゲストユーザーの場合

"<フィールドコード>": {
    "type": "USER_SELECT",
    "value": [
        {
            "code": "guest/sato@cybozu.com",
            "name": "Noboru Sato"
        },
        {
            "code": "guest/kato@cybozu.com",
            "name": "Misaki Kato"
        }
    ]
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": [
        {
            "code": "sato"
        },
        {
            "code": "kato"
        }
    ]
}
カテゴリー ※3 CATEGORY
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールド名>": {
    "type": "CATEGORY",
    "value": [
        "category1",
        "category2"
    ]
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ 登録、更新はできません。
ステータス ※3 STATUS
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールド名>": {
    "type": "STATUS",
    "value": "未処理"
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ 登録、更新はできません。
作業者 ※3 STATUS_ASSIGNEE
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールド名>": {
    "type": "STATUS_ASSIGNEE",
    "value": [
        {
            "code": "sato",
            "name": "Noboru Sato"
        }
    ]
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ 登録、更新はできません。
ルックアップ
※3 ※5

SINGLE_LINE_TEXT

もしくは

NUMBER

※キー項目のフィールドタイプによって異なります ※登録、更新の際には関連付けるアプリのコピー元のフィールドを重複禁止にする必要があります

  • 取得時のレスポンスのデータ
キー項目が、SINGLE_LINE_TEXT の場合
"<フィールドコード>": {
    "type": "SINGLE_LINE_TEXT",
    "value": "Code001"
}
キー項目が、NUMBER の場合
"<フィールドコード>": {
    "type": "NUMBER",
    "value": "10"
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": "Code001"
}

APIトークンを使った登録/更新はできません。

テーブル SUBTABLE
  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "SUBTABLE",
    "value": [
        {
            "id": "48290",
            "value": {
                "文字列__1行__0": {
                    "type": "SINGLE_LINE_TEXT",
                    "value": "サンプル1"
                },
                "数値_0": {
                    "type": "NUMBER",
                    "value": "1"
                },
                "チェックボックス_0": {
                    "type": "CHECK_BOX",
                    "value": [
                        "選択肢1"
                    ]
                }
            }
        },
        {
             "id": "48291",
             "value": {
                 "文字列__1行__0": {
                     "type": "SINGLE_LINE_TEXT",
                     "value": "サンプル2"
                 },
                 "数値_0": {
                     "type": "NUMBER",
                     "value": "2"
                 },
                 "チェックボックス_0": {
                     "type": "CHECK_BOX",
                     "value": [
                         "選択肢2"
                     ]
                 }
             }
        }
    ]
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
    • テーブルへの追加、更新時にはすべての行の値を指定する必要があります。
    • 行の "id" を指定すると行の値を更新します。
    • JavaScript API(イベント)でテーブルに行を追加する場合のみフィールドタイプの指定が必要になります。フィールドの値を書き換えるを参考にしてください。
    • 1つのテーブルに登録できる行数の上限値は5,000行になります。
"<フィールドコード>": {
    "value": [
        {
            "id": "48291", 
            "value": {
                "文字列__1行__0": {
                    "value": "サンプル0"
                },
                "数値_0": {
                    "value": "0"
                }
            }
        },
        {
            "value": {
                "文字列__1行__0": {
                    "value": "サンプル1"
                },
                "数値_0": {
                    "value": "1"
                }
            }
        },
        {
            "value": {
                "文字列__1行__0": {
                    "value": "サンプル2"
                },
                "数値_0": {
                    "value": "2"
                }
            }
        }
    ]
}
  • 行の追加・削除の記述方法
    • テーブルの「value」パラメータの値の配列に行オブジェクトを追加、削除することで、テーブルに行を追加・削除することができます。
       
      例)
      追加: record['テーブル']['value'].push(row);
      削除: record['テーブル']['value'].pop();
組織選択フィールド

ORGANIZATION_SELECT

  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "ORGANIZATION_SELECT",
    "value": [
        {
            "code": "kaihatsu",
            "name": "開発部"
        },
        {
            "code": "jinji",
            "name": "人事部"
        }
    ]
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": [
        {
            "code": "kaihatsu"
        },
        {
            "code": "jinji"
        }
    ]
}
グループ選択フィールド

GROUP_SELECT

  • 取得時のレスポンスのデータ
"<フィールドコード>": {
    "type": "GROUP_SELECT",
    "value": [
        {
            "code": "project_manager",
            "name": "プロジェクトマネージャー"
        },
        {
            "code": "team_leader",
            "name": "チームリーダー"
        }
    ]
}
  • 登録・更新時のリクエストデータ
"<フィールドコード>": {
    "value": [
        {
            "code": "project_manager"
        },
        {
            "code": "team_leader"
        }
    ]
}
  • ※1 「value」に指定する値は、kintoneのアプリのフォーム設定で、「項目と順番」で設定した値を指定します。
      また、これらのフィールドは削除済みの選択肢についてもAPI及びCSVで指定することができます。
  • ※2 日付、時刻、日時、作成日時、更新日時フィールドにおける、フォーマットやタイムゾーンの取り扱いは、日付のフォーマット を参照してください。
  • ※3 次のフィールドは、値の取得のみできます。値の登録と更新はできません。
    • レコード番号
    • レコードID
    • リビジョン
    • 計算
    • カテゴリー
    • ステータス
    • 作業者
    • ルックアップフィールドによって値が入力されるフィールド
  • ※4 次のフィールドは、値の取得と登録ができます。値の更新はできません。
    • 作成者
    • 作成日時
    • 更新者
    • 更新日時
  • ※5 次のフィールドは、パスワード認証では値の取得と登録と更新ができます。APIトークン認証では値の取得ができ登録と更新はできません。
    • ルックアップ
  • フィールドの値が空の場合、"value" は次の値になります。フィールドに空の値を設定する場合にも、フィールドタイプごとに値を設定してください。
    ※ラジオボタンに空の値を設定できません。
    フィールドタイプ 設定方法
    • チェックボックス
    • 複数選択
    • 添付ファイル
    • ユーザー選択
    • 組織選択フィールド
    • グループ選択フィールド
    • テーブル
    • カテゴリー
      ※取得のみ
    "value":[]
    • 日付
    • 時刻
    • ドロップダウン
    • ラジオボタン
    "value":null
    • 文字列(1行)
    • 文字列(複数行)
    • リッチエディター
    • 数値
    • 計算
    • リンク
    • 日時
    • ルックアップ
    • ステータス
      ※取得のみ
    "value":""

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk