レコード詳細情報取得

フォローする

Index

レコードIDを取得する

現在開いてるレコードIDを取得します。

  • PC用のみで利用できます。
  • スペースに貼りつけたアプリには利用できません。

関数

kintone.app.record.getId()

引数

なし

返り値

  • 数値 または null が返ります。 利用できない画面では null が返ります。

サンプル

利用できる画面

  • レコード詳細
  • レコード編集
  • レコード印刷

レコードの値を取得する

現在開いてるレコードデータをJSON形式で取得します。

  • PC用とスマートフォン用で利用できます。 利用できる関数が異なりますので、ご注意ください。
  • スペースに貼りつけたアプリには利用できません。

関数

環境 関数
PC用 kintone.app.record.get()
スマートフォン用 kintone.mobile.app.record.get()

引数

なし

返り値

  • レコードデータを表すオブジェクトまたは null が返ります。 利用できない画面では null が返ります。
  • レコード追加・編集画面では、編集中のレコードデータが返ります。
  • レコード追加・編集画面では、添付ファイル情報は常に空配列となります。

サンプル

利用できる画面

関数 利用できる画面
kintone.app.record.get()
  • レコード詳細
  • レコード追加
  • レコード編集
  • レコード印刷
kintone.mobile.app.record.get()
  • レコード詳細
  • レコード追加
  • レコード編集

注意事項

  • kintone.events.on のイベントハンドラ内で kintone.app.record.get および kintone.mobile.app.record.get を実行することはできません。 上記のイベントハンドラ内ではレコードデータの取得は引数のeventオブジェクトを、レコードデータの更新はeventオブジェクトのreturnを使用してください。

フィールド要素を取得する

フィールドコードを指定して、レコードに対応するフィールド要素を取得します。

  • PC用のみで利用できます。
  • スペースに貼りつけたアプリには利用できません。
  • フィールド要素の取得 および 取得したDOMの style(装飾するためのDOM)をサポートしています。
  • 取得したDOMの内部構造を変更するような処理を行うと、kintoneのバージョンアップ後に動作しなくなる可能性があります。

関数

kintone.app.record.getFieldElement(fieldCode)

引数

パラメータ名 指定する値 必須 説明
fieldCode 文字列 必須 取得するフィールドのフィールドコードを指定します。

返り値

  • フィールド要素または null
  • 利用できない画面では null が返ります。

サンプル

取得できないフィールド

  • 以下のフィールドを指定した場合 または 閲覧権限のないフィールドを指定した場合には null が返ります。
    • ステータス
    • 作業者
    • テーブルに含まれるフィールド
    • 関連レコード一覧に含まれるフィールド

利用できる画面

  • レコード詳細
    ※アプリの動作テスト環境の画面、およびスペース内アプリの画面も含まれます。
    ※レコードの編集画面、および通知の詳細画面は含まれません。
  • レコード印刷

レコードに値をセットする

現在開いてるレコードに値をセットします。

  • PC用とスマートフォン用で利用できます。 利用できる関数が異なりますので、ご注意ください。
  • スペースに貼りつけたアプリには利用できません。

関数

環境 関数
PC用 kintone.app.record.set(record)
スマートフォン用 kintone.mobile.app.record.set(record)

引数

パラメータ名 指定する値 必須 説明
record JSON 必須 セットするレコードデータを JSON で指定します。
※形式はkintone.app.record.getの戻り値と同様です。

返り値

なし。

サンプル

利用できる画面

関数 利用できる画面
kintone.app.record.set
  • レコード追加
  • レコード編集
kintone.mobile.app.record.set
  • レコード追加
  • レコード編集

注意事項

  • kintone.events.on のインベントハンドラ内で kintone.app.record.set および kintone.mobile.app.record.set を実行することはできません。 上記のイベントハンドラ内ではレコードデータの取得は引数のeventオブジェクトを、レコードデータの更新はeventオブジェクトのreturnを使用してください。

メニューの上側の空白部分の要素を取得する

  • PC用のみで利用できます。
  • スペースに貼りつけたアプリには利用できません。
  • 要素内の見た目がkintoneのCSSの影響を受ける場合があるため、その見た目が変わらないことは保証できません。
  • レコード追加・編集画面などで、TYPE属性が"submit"のINPUT要素、BUTTON要素を空の要素に追加した場合、クリック時にkintone本体が予期せぬ動作をするため、これらの要素の利用は推奨いたしません。

関数

kintone.app.record.getHeaderMenuSpaceElement()

引数

なし

返り値

  • メニュー(詳細画面では編集・再利用・削除など、追加・編集画面では保存・キャンセルなど)の上側の空白部分の要素を返します。
  • 利用できない画面では null を返します。

サンプル

利用できる画面

  • レコード詳細
  • レコード追加
  • レコード編集

  ※レコード印刷画面では利用できません。

スペースフィールドの要素を取得する

  • PC用のみで利用できます。

関数

kintone.app.record.getSpaceElement(id)

引数

パラメータ名 指定する値 必須 説明
id 文字列 必須 スペースフィールドの要素ID

返り値

  • 指定された要素IDのスペースフィールドの要素を返します。
  • 指定された要素IDのスペースフィールドが存在しない場合は null を返します。
  • 利用できない画面では null を返します。

サンプル

利用できる画面

  • レコード詳細
  • レコード追加
  • レコード編集
  • レコード印刷

関連レコード一覧の参照先のアプリIDを取得する

関連レコード一覧のフィールドコードを指定して、参照先のアプリIDを取得します。

  • PC用のみで利用できます。
  • スペースに貼りつけたアプリには利用できません。
  • 指定したフィールドに対するアクセス権があれば、対象アプリの閲覧権限等がなくてもアプリIDを取得可能です。

関数

kintone.app.getRelatedRecordsTargetAppId(fieldCode)

引数

パラメータ名 指定する値 必須 説明
fieldCode 文字列 必須 関連レコード一覧フィールドのフィールドコードを指定します。

返り値

  • アプリの ID または null が返ります。
  • 以下の場合は null が返ります。
    • 指定したフィールドが存在しない
    • 指定したフィールドが閲覧できない
    • 指定したフィールドが関連レコード一覧フィールドではない

サンプル

利用できる画面

  • レコード一覧
  • レコード追加
  • レコード編集
  • レコード詳細
  • レコード印刷
  • グラフ
  • ファイル読み込み
  • ファイル書き出し

ルックアップフィールドの参照先のアプリIDを取得する

ルックアップフィールドのフィールドコードを指定して、参照先のアプリIDを取得します。

  • PC用のみで利用できます。
  • スペースに貼りつけたアプリには利用できません。
  • 指定したフィールドに対するアクセス権があれば、対象アプリの閲覧権限等がなくてもアプリIDを取得可能です。

関数

kintone.app.getLookupTargetAppId(fieldCode)

引数

パラメータ名 指定する値 必須 説明
fieldCode 文字列 必須 ルックアップフィールドのフィールドコードを指定します。

返り値

  • アプリの ID または null が返ります。
  • 以下の場合は null が返ります。
    • 指定したフィールドが存在しない
    • 指定したフィールドが閲覧できない
    • 指定したフィールドがルックアップフィールドではない

サンプル

利用できる画面

  • レコード一覧
  • レコード追加
  • レコード編集
  • レコード詳細
  • レコード印刷 ※2016/8/14の定期メンテナンス後に利用できる機能です。
  • グラフ
  • ファイル読み込み
  • ファイル書き出し

ヘッダーの下側の空白部分の要素を取得する

  • スマートフォン用のみで利用できます。
  • スペースに貼りつけたアプリには利用できません。

関数

kintone.mobile.app.getHeaderSpaceElement()

引数

なし

返り値

  • ヘッダーとコンテンツの間の空白部分の要素を返します。
  • 利用できない画面では null を返します。

サンプル

利用できる画面

  • レコード一覧
  • レコード詳細
  • レコード追加
  • レコード編集

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

Avatar
上澤 嘉照

ご担当者様
いつもお世話になっております、上澤と申します。

kintoneレコード詳細画面で、登録ボタンを押したタイミングで、userAPIのエクスポートとファイルアップロードを
順に呼び出してユーザー情報を更新しに行く処理を作成しております。
ところが、ファイルアップロード時に520エラー(CB_CS01)となります。
過去の情報を参照しましたが、解決しないため、知恵をお借りしたいです。

アップロードする","区切りのデータは、共通管理から読み込ませて問題ないため、
入力チェックに引っかかっていることはないと考えております。

以下にソースと、リクエストボディとエラー内容を記載いたします。

大変お手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。

<使用ブラウザ>
IE11

<ソース抜粋>
====================
kintone.events.on('app.record.edit.submit', function(event) {

:(エクスポート部は省略)

// URL作成
appUrl = "https://" + subDomain + "/v1/file.json";

// boundary生成
var strBoundary = createBoundary();

// リクエスト生成
xmlHttp = new XMLHttpRequest();

xmlHttp.open("POST", appUrl, false);
xmlHttp.setRequestHeader('X-Requested-With','XMLHttpRequest');
xmlHttp.setRequestHeader('X-Cybozu-Authorization','*****'); // システム権限有
xmlHttp.setRequestHeader('Content-Type','multipart/form-data; boundary=' + strBoundary);

// リクエストボディー部を作成
var str = ""
str = str + '--' + strBoundary + '\r\n'
str = str + 'Content-Disposition: form-data; name="file"; filename="user.csv"\r\n'
str = str + 'Content-Type:text/csv\r\n\r\n'
str = str + strImportUser + '\r\n\r\n'
str = str + '--' + strBoundary + '--'

// リクエスト送信
xmlHttp.send(str);

// リクエスト受け取り
if (xmlHttp.status == 200){
if(window.JSON){
var obj = JSON.parse(xmlHttp.responseText);


}
}
====================

<リクエストボディ>
====================
"-----------------------------UbpbI3VKkpTFmdxDZgXz78aVFOmW79EAFeDW\r\n
Content-Disposition: form-data; name=\"file\"; filename=\"user.csv\"\r\n
Content-Type:text/csv\r\n
\r\n
aaa,ユーザ表示名,aaa,*,,,,,,ja,,1,ja,Asia/Tokyo,,,,,,,,,1,,,,2,,,,,\r\n
\r\n
-----------------------------UbpbI3VKkpTFmdxDZgXz78aVFOmW79EAFeDW--"
====================

<レスポンス>
====================
"{\"message\":\"不正なPOSTアクセスです。画面をリロードしてください。\",\"id\":\"1505999166-303074970\",\"code\":\"CB_CS01\"}"
====================

以上です。

Avatar
cybozu Development team

上澤 嘉照さま

いつもお世話になっております。cybozu.com developer network事務局です。
ご質問いただきありがとうございます。
各ページでコメントもしていただけるのですが、こちらの「コミュニティで尋ねよう」からぜひご投稿ください。
コミュニティ内の方も投稿に気づきやすいです。
https://cybozudev.zendesk.com/hc/ja/community/topics

今回いただいたご質問内容ですと下のJavaScriptカスタマイズフォーラムカテゴリになります。
https://cybozudev.zendesk.com/hc/ja/community/topics/200034345-JavaScript-%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%BA-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

Avatar
植村 知之

kintone.app.record.getHeaderMenuSpaceElement の説明が誤っているように思います。
見出しと返り値の説明では「メニューの右側の空白部分の要素を取得する」となっていますが、
画像の通り「メニューの上側の空白部分の要素を取得する」が正しいと思います。

Avatar
cybozu Development team

植村 知之さま

いつもお世話になっております。cybozu.com developer network事務局です。

該当箇所を修正致しました。ご確認ください。
ご指摘いただきありがとうございます。

Avatar
khosokai

いつもお世話になっております。

レコード詳細・追加・編集の画面で、画面上部のposition: fixed になっているフローター要素を取得する関数の追加予定はありますでしょうか。

(現状、ツールバーや編集ボタンが配置されているエリアです)

Avatar
cybozu Development team

khosokai 様

いつもお世話になっております。
cybozu.com developer network事務局です。

> レコード詳細・追加・編集の画面で、画面上部のposition: fixed になっている

下記の部分でよろしいでしょうか?

こちらの部分に関しては、現時点では、追加の予定はございません。
ご希望に沿えず申し訳ございません。

> (現状、ツールバーや編集ボタンが配置されているエリアです)

上記のヘッダー部分ではなく、詳細画面などで表示される下記のツールバー部分の場合、

黄色で囲んだ部分については、現時点では、追加の予定はございません。
赤く囲んだ部分はこの記事の「メニューの上側の空白部分の要素を取得する」に記載している内容で取得可能ですので、申し訳ございませんが、
そちらをご利用ください。

よろしくお願い致します。

cybozu Development teamにより編集されました
Avatar
khosokai

 お世話になっております。

わかりづらい質問で大変失礼致しました。

上記でご提示頂いた、黄色枠部分についての確認でした。

 

 

また、追加の予定がない旨、承知致しました。

丁寧なご回答ありがとうございます。

 

よろしくお願い致します。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk